夏休みにおすすめの親子で楽しめる“遊び場”満載!平和島のレジャースポット4選

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア
家族で楽しめる平和島のレジャースポット4選


東京の城南エリアに位置する平和島。品川駅から電車でわずか数分とアクセスが抜群で、さらに知る人ぞ知るレジャースポットの宝庫でもある。そんな平和島周辺のおすすめスポットを、5歳のあずさちゃんファミリーが体験レポート。アクティビティや水族館など、平和島の遊び場を体験してきました!

「平和の森公園 フィールドアスレチック」でどろんこ自然体験!


「平和の森公園」は、園内の総面積が約10万㎡と大田区内で最大規模を誇る。その一角にあるのがフィールドアスレチックコース。場内はコースになっていて、トータル40のポイントに挑みながら進んでいく。その道中は池あり、丘ありでハラハラ&ドキドキ!バランスを崩して、池に飛び込んでしまう子供たちの姿も。でもいくらどろんこになっても、びしょ濡れになっても着替えができる更衣室があるので安心。さらに隣接のテニスコートの横にはシャワーも。諦めずにチャレンジする我が子の成長が見られるのも、パパ・ママにとっては感慨深い。

落ちたら水浸しだが「全然大丈夫だよ~!」と駆け足で進む。パパ・ママはヒヤヒヤ!?


丸太につかまりながら水車を回す「清水窪湧水水車まわし」にパパが挑戦。「ガンバレ~!」


幼児用の「スネークダイビング」。網に足を取られないよう気をつけながら前進する


フィールドアスレチックコースを利用できるのは小学生以上。5歳のあずさちゃんは隣接する幼児アスレチックへ。こちらは小さい子でも安心の、より安全な遊具がそろう。ロープにつかまって回ったり、穴に入ったりする「スパイダーログ」や、ネットのトンネルをくぐり、進んでいく「スネークダイビング」などをたっぷり楽しんだ。

話題沸騰中の「スペースアスレチック トンデミ」


2018年夏にオープンした屋内アクティビティ施設の「スペースアスレチック トンデミ」。ここ平和島店は都内唯一の施設。館内は「トランポリンエリア」、「エアーランエリア」、「ロープウォークエリア」、「クライミングウォールエリア」など7エリアに分かれ、世界中から集めたさまざまなアクティビティにチャレンジできる。

未就学児専用の「キッズエリア」。見たこともない遊具がいっぱいで子供たちも大喜びすること間違いなし!


大人から子供まで安心して楽しめる遊具がそろうが、一般エリアは身長110㎝以上、体重20~120㎏の利用制限あり。身長100㎝のあずさちゃんは未就学児専用の「キッズエリア」へ。一般エリアよりは簡易化されているが、トランポリン、アスレチック、クライミングウォールなどがあり、飛んだり、跳ねたり、走ったり、と思う存分に遊べる。

思議な形の「キッズシーソー」。落ちないようにしっかりつかまる。「パパ、もっと揺らして~」


宇宙をモチーフにした「キッズウォールクライミング」。次はどこをつかめばいいのか、考える力も備わる


追加料金500円(フリーパスの子どもは無料)で遊べる「キッズロープウォーク」。安全帯を付けるので落下の心配はなし


バランスを取るのが難しい「キッズシーソー」や、星や地球のモニュメントが施された「キッズウォールクライミング」、足元が不安定なつり橋などを渡っていく「キッズロープウォーク」を満喫したあずさちゃん。

施設利用は2時間の入れ替え制で、週末や夏休みは入場待ちの長い行列ができる人気ぶり。日によっては入場制限もあるので、公式サイトで事前にWEB予約をしよう!

快適な設備やグルメも充実! 家族で楽しめる「ボートレース平和島」


「スペースアスレチック トンデミ」の隣にある「ボートレース平和島」。午前中から開門しているが、レースは17時35分まで開催され、その間は好きな時間に入って、迫力満点のボートレースを見学できる。

ボートレース場は初めてのあずさちゃんファミリー。「どんな施設なのかワクワクする!」


入口は自動改札。入場料100円(子どもは無料)を払ってゲートを通る。「電車に乗るみたい!」(あずさちゃん)


入口は自動改札。入場料100円(子どもは無料)を払ってゲートを通る。「電車に乗るみたい!」(あずさちゃん)

ボートレース場初体験の3人が、まず向かったのが屋外のスタンド。建物を抜けて外に出ると、目の前には涼し気な水面が広がる。東京湾の京浜運河の海水を利用していて、ほんのりと漂う潮の香りが心地よい。

目の前で繰り広げられるレースは臨場感たっぷり。今にも水しぶきが飛んできそうな勢い


猛スピードでコーナーをターンしていくボート。その迫力に圧倒される!


その水上を怒号のようなモーター音を轟かせながら、疾走するボート。その迫力にあずさちゃんも大興奮。純粋なモータースポーツ観戦としても楽しめ、「1番ガンバレー、2番もガンバレー!」と応援にも自然と熱が入っていった。

コース全体が見渡せる3階の屋内一般席。明るく清潔でファミリーでも気持ちよく利用できる


続いて足を運んだのは3階の屋内一般席。冷房が効いた快適な空間で、全席禁煙と小さな子供連れでも安心だ。一面ガラス張りの窓からは全景が見渡せ、レースをじっくり観戦できる。また、4階には有料の指定席も完備。全席モニター付きのシングル席とペア席から選べ、無料ドリンク・無線LANのサービス、さらにはマッサージチェアコーナーもあり、1日の家族サービスで疲れたパパにはうれしい限り。

たくさん遊んだのでお腹もペコペコ。「Food Terrace ピースター」の営業時間は11:00~20:00(LO19:30)


大興奮のレースを観戦したあとは、隣接する「平和島劇場」にある「Food Terrace ピースター」でお食事タイム。店内は大きな窓から陽が差し込み、天井も高くて開放感たっぷり。グリル料理や各種定食から、パスタ、丼、さらにキッズメニューまで多彩な料理がリーズナブルに味わえる。

ホイップクリームがたっぷりの「おこさまパンケーキ」500円(ドリンクバー付き)


パパは「デミグラスハンバーグ」950円(サラダ・ライス・スープ付き)、ママは「生パスタ にんにくトマト」800円(サラダ・パン付き)、そしてあずさちゃんは「おこさまパンケーキ」をオーダー。今日1日の感想を語りながら、おいしい料理に舌鼓を打った。

約450種1万点の海の生き物が暮らす「しながわ水族館」


「トンネル水槽」にあずさちゃんも大興奮! 頭上を泳ぐのでエイのおなかなども見ることができる


ゆったり過ごしたいファミリーは、1991年に開園し、現在も年間約40万人が訪れるなど、根強い人気を誇っている「しながわ水族館」へ。

館内は1階の「海面フロア」、地下1階の「海底フロア」から成り、約450種1万点もの生き物を展示.・公開している。「海面フロア」は東京をテーマとした展示物が主体。東京湾に注ぐ川、東京湾の干潟や荒磯、品川の海などを再現し、そこに暮らす生き物たちの生態を観察できる。さらに屋外ではイルカやアシカ、アザラシのショーなどを開催している。

「海底フロア」の目玉は「トンネル水槽」。水量500トンの大水槽の中に約60種900点の生き物が暮らしている。大小さまざまな魚たちに加え、エイやサメ、さらには大きなアオウミガメも。1日3回(土日祝は4回)実施される、トンネル水槽の中をダイバーが優雅に泳ぐ水中ショーも見逃せない。

角質を食べるガラ・ルファなどと触れ合えるコーナーも。「気持ちいいよ。あずさもやってごらん」(ママ)


全長3mのシロワニが睨みを利かす「シャークホール」。その巨体と怖い顔、鋭い歯にあずさちゃんは後ずさり


海で暮らす生き物たちとふれあえるコーナーのほか、悠々と水槽を泳ぐシロワニの巨大な姿が大迫力の「シャークホール」を見学。シロワニの鋭い歯を目の当たりにしたあずさちゃんは、「こわいぃ…」と緊張した様子を見せたが、そこはパパが優しくフォロー。あっという間に近くで手を触れるほど安心していた。

「しながわ水族館」では、2019年6月20日にバンドウイルカの赤ちゃんが出産したばかり。現在すくすく育っていて、7月から一般公開されているのでぜひ会いに行こう!

朝から夕方まで1日遊べる平和島を満喫したあずさちゃん。アスレチックやボートレース場など、初めての体験ばかりで大満足の様子。“遊び場”満載の平和島は、夏休みの思い出作りにもピッタリ。ぜひ足を運んでみて!

【構成=CRAING/取材・文=河合哲治郎/撮影=齋藤ジン/ウォーカープラス編集部/PR】

この記事の画像一覧(全22枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る