3月10日は“名古屋コーチンの日“!人気和食チェーンで「純鶏名古屋コーチンフェア」を開催

2017年2月7日 20:58更新

東海ウォーカー 淺野倫孝

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東海圏を中心に全国132店舗を展開する「和食麺処サガミ」では、2017年2月8日(水)から3月12日(日)まで「純鶏名古屋コーチンフェア」と称して限定メニューを販売する。同イベントは2017年が酉年で、2016年9月に設定された「名古屋コーチンの日」が毎年“3月10日”であることにちなんで開催される。

限定メニューの「名古屋コーチン御膳」(2149円)は、名古屋コーチンを「鍋」「ミニ丼」「おろしそば」の3つの料理で楽しめて、茶碗蒸しや小鉢なども付く。弾力がよく、コクのある旨みの名古屋コーチンをたっぷり堪能できる贅沢なメニューだ。

「名古屋コーチン御膳」(2149円)

「名古屋コーチン御膳」(2149円)

すべての画像を見る(4件)

店自慢の「太きしめん」と名古屋コーチンを一緒に味わえる「名古屋コーチン『きしすき』」(1501円)は、炊きながらアツアツの状態で食べることができる一品だ。

「名古屋コーチン『きしすき』」(1501円)

「名古屋コーチン『きしすき』」(1501円)

また同店では、「向春(こうしゅん)の手羽先祭り」を、「純鶏名古屋コーチンフェア」と同時開催する。「からあげグランプリ」で3回、「手羽先サミット」で2回、計5回の金賞を受賞した実績を持つ自慢の手羽先が値打ち価格で食べられる。期間中は、「自慢の手羽先」(5本 486円)が432円、「大皿手羽先」(15本 1350円)が1080円という特別価格で販売される。なお、「向春の手羽先祭り」の開催期間は2017年2月28日(火)まで。

【写真を見る】過去3年間で金賞を5つ受賞した実績を持つ手羽先

【写真を見る】過去3年間で金賞を5つ受賞した実績を持つ手羽先

「そば」や「うどん」を中心に豊富なメニューがそろう和食麺処サガミ。イベント期間中は名古屋コーチンや手羽先にも目を向けてみよう。【東海ウォーカー/淺野倫孝】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る