愛媛県で遊ぶなら!愛媛県の人気おでかけスポット5選

2020年7月17日 20:40更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

瀬戸内海で獲れる新鮮な魚介類が食べられる愛媛県。グルメだけでなく、道後温泉や松山城など観光スポットも多数ある。休日や週末などのおでかけにぴったりだ。

今回はおでかけ情報サイト「ウォーカープラス」の持つアクセスデータから、愛媛県で人気のおでかけスポット7選を紹介しよう(データは2020年4月1日時点のもの)。

クアハウス今治

6メートル×24メートルの室内プールや全長47メートルの室内スライダーがある

水着で入るプールゾーンと温泉ゾーン、裸で入る男女別温泉ゾーンに加えトレーニングジムも完備しており、多目的に利用できる。水着着用型温泉ゾーンには、瀬戸内海を望む寝湯や全身うたせ湯、ジャグジーなど8種類の浴槽があり、神経痛、筋肉痛、冷え性などに効果がある。プールゾーンにはウォータースライダーもあり、家族そろって楽しむことができる。4階には裸で入る浴槽(内風呂・露天風呂・乾式サウナ)や食堂、マッサージなども用意。
プールだけでなく、健康のための運動教室もそろい、健康増進事業、介護予防教室、定期教室など、目的に合わせて選べる。遊びから癒やしまで、一箇所で完結できる施設だ。

まるイチゴファーム

【写真】清潔で広い通路のハウス内でいちご狩りが楽しめる

伊予ICから車で3分、JR向井原駅から徒歩3分とアクセスも便利な観光農園。ハウス内は通路が広く、高設栽培も行われているので、大人から子ども、ベビーカーや車いすでも安心していちごを摘みとれる。
食べ放題の品種は、愛媛県内のみで栽培されている紅い雫をはじめ、あまおとめ、かおりの、紅ほっぺ、あきひめの5品種。要予約制だが、当日予約も可能だ。ビニールハウス内は天井とサイド部分が解放可能で換気はしっかりと行われており、日中は常時開放されているので安心して楽しむことができる。

モンベルアウトドアオアシス石鎚

緑に囲まれた環境でゆったりと過ごすことができる

施設内にクライミングタワーやキャンプ場などを併設し、アウトドア体験を満喫できる複合施設。中心となるモンベルストアは約280坪の広さを誇り、登山やカヤック、サイクリング、クライミング、キャンプなど、さまざまなアクティビティを楽しむための商品を幅広く取りそろえている。
キャンプ場はオートサイト10区画、フリーサイト10区画で、松山自動車道の石鎚山SAが隣接。周辺には産直市や椿温泉こまつがあり、さまざまな楽しみ方ができる。石鎚エリアでサイクリングやカヤックなど、アクティビティを楽しむ拠点として利用できるのも嬉しい。

ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)

建物そのものもアートな趣を有している

ボイラーなどを作る三浦工業創業者の三浦保が生前に企画し、1998年に完成した美術館。国内外の美術品を収集していた三浦は、実践者としても茶陶などの陶芸に本格的に取り組み、晩年にはミウラートと呼ばれる陶板画の世界を開拓した。
屋外の庭園では、ミウラートをはじめとする国内外のさまざまな陶芸家の作品が展示されている。収蔵品の展示のほか、随時企画展を開催しており、魅力ある芸術家たちを紹介。奥に進むにつれ天井が高く、不思議な感覚を味わうことができるなど、建物そのものがアートな趣の造りになっているのも特徴だ。

大三島藤公園

約300メートル続くフジ棚のトンネルは一見の価値あり画像提供:今治市大三島支所住民サービス課

本州と四国の間に点在する島々のほぼ中央部に位置する、愛媛県大三島にある公園。日本画家の田渕俊夫や中島千波の作品を展示する大三島美術館を中核に、東側は長さ約300メートルを誇る日本有数のフジ棚をはじめ、バラ、桜などの花木と芝を張りめぐらせた洋風の公園がある。藤祭りが開催されるなど多くの人の憩いの場となり、西側はボタン、アジサイの花が咲き、白壁に囲まれた枯山水が広がる日本庭園となっている。
周辺には、戦国時代に大三島を守る戦いで18年の生涯を閉じた鶴姫にちなんだ公園があり、鶴姫と恋人の安成の像や、鶴姫の鈴の音にあやかった水琴窟がある。

時期によってアトラクションや展示内容が変更になる場合もあるので、事前にしっかりと確認を。何度でも訪れたい施設が豊富なので、今から予定を立てておこう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る