【コロナ対策情報付き】モエレ沼公園の見どころを紹介!ガラスのピラミッドなどイサム・ノグチのアートに感動

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
札幌市のアートパーク「モエレ沼公園」

北海道札幌市東区にある総合公園「モエレ沼公園」。世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが、「全体をひとつの彫刻作品とする」をコンセプトに基本設計し、1982年(昭和57年)に着工、2005年(平成17年)にグランドオープンした。広大な敷地には幾何学模様をモチーフにした山や噴水、遊具などの施設が並び、自然とアートが融合した美しい景観が楽しめる。そんなモエレ沼公園の魅力を紹介しよう。

※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。

【見どころ】イサム・ノグチの世界観にふれられる3つの代表的な施設

モエレ沼公園は、世界的に知られる彫刻家イサム・ノグチがデザインしたアートパーク。園内には札幌市内を一望できる「モエレ山」や、レストランやギャラリーのある「ガラスのピラミッド」、最大25メートルまで噴き上げる「海の噴水」など、全部で15の施設が美しく整然と配置されている。中でも代表的な3つの施設を紹介。

札幌市内を一望できる頂上までは徒歩約10分

ひとつ目は、モエレ沼公園最大の造形物「モエレ山」。不燃ゴミと建設残土を積み上げた人工の山で、登り口は3方向5ルートあり、高さ52メートルの山頂へはいずれも約10分で登り切ることが可能。頂上からは札幌市内全体を見渡せ、絶景を堪能できる。

モエレ沼公園を象徴する建築物「ガラスのピラミッド」

2つ目は、公園を象徴するモニュメント「ガラスのピラミッド」。三角面と四角錐の立方体が組み合わされたガラスの建築物で、季節や時間ごとに映り込む景色が変わり、さまざまな表情を見せてくれる。館内にはレストランやギャラリー、ショップ、公園管理事務所が入り、週末には音楽やダンスイベント、美術の展覧会なども開催されるので注目を。

【写真】ダイナミックな水の動勢が”水の彫刻”とも呼ばれる「海の噴水」

3つ目は、モエレ沼公園の中央に位置する「海の噴水」。直径48メートルの大きな噴水で、最大25メートルまで水が噴き上がる。1日3~4回、40分のロングプログラムと15分のショートプログラムを実施し、ダイナミックな水の造形美が楽しめるほか、夜にはライトアップされ幻想的な雰囲気に。
※海の噴水の運転期間は2020年10月20日(火)まで。

【攻略法】レンタサイクルを利用して存分に楽しもう

駐車場から公園の端まで歩くと片道20分はかかる広大なモエレ沼公園。効率的な回り方を広報の宮井さんが教えてくれた。「園内は広いのでレンタサイクルを利用するのが便利。『ガラスのピラミッド』や『モエレ山』、『海の噴水』などが人気スポットです。『海の噴水』は1日2~4回の打ち上げなので、来る前に公式サイトで時間をチェックしてください。園内を余すところなく回ると所要時間は1時間30分から2時間です」

レンタサイクルは普通車2時間200円、1時間延長100円(写真提供:モエレ沼公園)

レンタサイクルは公園東口で受付をしているので、ぜひ利用して快適に園内を散策しよう。

また、「通年開放している『ガラスのピラミッド』は四季折々の風景を取り込んだ美しい建築が楽しめるスポット。インスタ映えもして、撮影スポットとしても人気です。また、『モエレ山』の頂上はイサム・ノグチが目指した『公園全体が彫刻作品』という言葉が体感できる展望台にもなっています。ぜひ登って、公園の魅力を満喫してください!」と宮井さん。

【グルメ】星付きシェフによる本格フレンチとテイクアウトショップ

「ガラスのピラミッド」1階にあるフレンチレストラン「ランファン・キ・レーヴ」では、地元・北海道の食材を使った本格的なフランス料理が味わえる(要予約)。美しい景色とともに、ミシュラン1つ星を獲得した本格的な料理を楽しむことができる。問い合わせは、011-791-3255(テイクアウトも同じ)。

営業時間や定休日は季節により異なる。要問い合わせ

全面ガラス張りの向こうには、季節や時間で表情を変える素晴らしい景色が広がる

ランチ3200円~、ディナー4800円~(各サービス料10%別)

また、テイクアウトショップ「パニエ」はお弁当や軽食がそろう。ソフトクリームもおすすめ。園内でピクニックを楽しもう!

ランチボックス750円やおにぎりセット500円などが楽しめる


【ショッピング】オリジナルグッズやイサム・ノグチのデザイン照明に注目

「モエレ山に登って公園の魅力を満喫したあとは、ガラスのピラミッド内のショップでお土産を探すのも楽しいです。公園オリジナルの缶バッチガチャや新作のマスキングテープも人気です」と宮井さん。

特におすすめは、マスキングテープやてぬぐい、イサムノグチデザインの照明器具「あかり」だとか。

マスキングテープ450円

公園内の施設がデザインされたオリジナルマスキングテープは、ちょっとしたプレゼントやおみやげに好評だ。

モエレ沼公園×かまわぬがコラボしたオリジナルてぬぐい1350円

東京のてぬぐいの専門店「かまわぬ」とコラボしたオリジナルアイテムの手ぬぐい。ガラスのピラミッドやプレイマウンテン、海の噴水などを幾何学的に配した、シンプルなデザインで飽きがこない。昔ながらの注染という染め方で仕上げられ、スカーフのように巻いたり、額装してインテリアとして楽しむことも。

「あかり」1万6500円

イサム・ノグチがデザインした光の彫刻「あかり」は、1950年代に作られたモダンデザインのマスターピースとして有名。シェード部は岐阜県の伝統工芸品の美濃和紙と竹ひごで仕上げ、職人が丹精込めて一点一点手作りした逸品だ。

【施設データ&アクセス】車でも電車でも三角のモエレ山を目指して

入園料は無料。通年開放(一部ゲートにより異なる)。休園日はなし(施設により休業日あり)。

電車でのアクセスは、地下鉄東豊線「環状通東駅」から北海道中央バス東69系統「あいの里教育大学駅前行」、または、東79系統「中沼小学校通行」に乗り約25分。「モエレ沼公園東口」で下車、徒歩10分。

車でのアクセスは、札幌市街地から国道12号を東へ。北海道道89号線(環状通)を経由し三角点通を中沼方面へ進み、約30分。駐車場は1500台(無料)。

地域のランドマークにもなっている「モエレ山」

バスでも車でも、美しい三角形の「モエレ山」を目印にするとわかりやすい。

また、宮井さんによると、「天気の良い土・日曜、祝日の11時~15時は混雑します。すいている時間をねらっておでかけしてくださいね!」

【新型コロナウイルス感染予防対策】

・他の利用者(同居の家族以外)と距離をおいて利用しましょう。
・すいた時間、場所を選び、混んでいるときは利用を控えましょう。
・マスクをつけましょう。ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかりと覆う「咳エチケット」を守りましょう(熱中症に注意。息苦しさを感じたらはずしたり、休憩しましょう)。
・来園時はこまめな手洗いをしましょう。利用後はしっかり手洗い、うがいをしましょう。
・短時間のご利用にご協力ください。

取材・文=下八重順子

<施設情報>
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
アクセス:【電車】札幌市営地下鉄環状通東駅からバスでモエレ沼公園東口下車、公園中心部まで徒歩10分 【車】JR札幌駅周辺から約40分
営業時間:7:00~22:00 入園は21:00まで
定休日:なし(各施設は別途定休日あり)
駐車場:1500台 無料
料金:入場無料。クレジットカードは、レストラン、ガラスのピラミッド売店で利用可

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※情報は10月14日時点のものです。内容には変動の可能性がありますのでご了承ください。また、施設・店舗の最新の営業状況については公式サイト等をご確認ください。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全17枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る