水辺の花が咲き誇る・沖縄県沖縄市で「蓮・睡蓮めぐり2020」開催中

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

亜熱帯・熱帯植物がきわめて自然な形で植栽展示されている、沖縄県沖縄市の東南植物楽園。幻想的な蓮と睡蓮を楽しめる「蓮・睡蓮めぐり 2020」が9月22日(火・祝)まで開催中だ。

蓮・睡蓮めぐり2020ポスター写真は主催者提供


蓮の花は、早朝咲き始めてお昼ごろに閉じてしまう幻想的な花。東南植物楽園の「思いやりの湖」は県内最大級の蓮池で、白色系のペリーズ・ジャイアント・サンバーストと桃色系の蜀紅蓮(ショッコウレン)の2種類の蓮が池一面に大きく広がっている。

また、睡蓮は水面から花茎(かけい:花だけを付ける茎)を上に伸ばし、紫、ピンク、白、イエロー系と様々な色が楽しめる。開花時間は蓮よりも長く、朝から夕方まで咲き続ける。青の色素をもつ「熱帯スイレン」は、熱帯・亜熱帯地域で多く分布し本土の屋外ではなかなか見られない。

【写真】早朝咲き始めてお昼ごろに閉じてしまう幻想的な蓮の花写真は主催者提供


昨年好評を博した、蓮・睡蓮めぐりフォトコンテストを今年も開催。蓮や睡蓮が写っている写真を撮影して、ハッシュタグ「#蓮睡蓮めぐり」または「#東南植物楽園」いずれかのハッシュタグをつけてInstagramに投稿するだけでOK。上位入賞者には副賞のプレゼントと、来年の夏の期間中に写真が園内に展示される。

さらに、ハイビスカスティーのプレゼントがある「ボタニカルアートカードで楽しむ♪園内散策」、「楽園台湾朝食 2020」(※土・日・祝日限定)など色々なイベントも開催。

蓮・睡蓮の花咲く「蓮・睡蓮めぐり 2020」にでかけて、自然が溢れている東南植物楽園を満喫してこよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

ページ上部へ戻る