アートと勉強が結びつく。島根県浜田市で「びじゅつのサマーキャンプ展」が開催

2020年8月14日 12:40更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

島根県浜田市にある浜田市世界こども美術館創作活動館で「びじゅつのサマーキャンプ展」が10月4日(日)まで開催中。

子供が自ら楽しく学びたいと思える作品が多数並ぶ写真は主催者提供



「美術作品の中には様々な教科と結びつく要素がちりばめられている」ということに注目した展覧会。図工はもちろん、体育や算数・国語など各教科に結びつく体験型作品を通して、子供たちの好奇心を刺激し、学びの意欲を引き出す斬新さが目を引く。会期中、来館者には週替わりで作品にちなんだ宿題が与えられる。なお、同展覧会では感染症対策を施し、日時指定(8区分の時間枠での入場制限)の完全予約制(1組2~6人まで)となり、公式サイトまたは電話での予約が必要。

【写真】かわいらしい作品が多く、大人も楽しめる写真は主催者提供


担当者は「アートな表現を試みる過程の中で生まれる『好奇心』や『考える力』は大切なものなのだと体感できる展覧会です。原倫太郎さんと原游さんの作品『マリンバピンポン』は卓球台が音の鳴る木琴になっており、ラケットでピンポンを打つたびに心地よい音が鳴ったりするなど、いろいろなアートの表現を楽しめます。ぜひ、お越しください」と子供も大人も楽しめるアートの魅力を紹介し、来場を呼びかける。

今までに見たことのない、宿題が出る展覧会。遊びの中で楽しく勉強ができる「びじゅつのサマーキャンプ展」へ、ぜひ家族や友人とでかけよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る