貴重な稚魚が展示!いわき市のアクアマリンふくしまで「卵から育てる水族館」が開催中

2020年10月8日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福島県いわき市の環境水族館アクアマリンふくしまで、開館20周年を記念した企画展「卵から育てる水族館」が11月3日(祝)まで開催中。

「卵から育てる水族館」は、アクアマリンふくしま本館1階 ホワイエで開催写真は主催者提供


アクアマリンふくしまでは、世界で初めて累代飼育に成功したサンマを始め、これまでさまざまな魚を卵から育てることに挑戦してきた。その結果、日本で初めて繁殖に成功した飼育動物について表彰する「繁殖賞」を日本動物園水族館協会から何度も受賞している。

「卵から育てる水族館」は、同館が卵から育てることに成功し、「繁殖賞」を受賞した魚や、人工保育日数世界最長を記録した深海ザメのラブカなどの、飼育の取り組みについて紹介する企画展だ。サンマの仔魚やナメダンゴの稚魚、アマミイシモチなどの生体や、ラブカの成魚と胎仔、ヤエギスなどの標本が展示される。

【写真】北の海の人気者・ナメダンゴの稚魚が、ふ化してから20日の様子写真は主催者提供


このほか、「繁殖賞」受賞種を生体とともに書籍で紹介する「本棚水族館」や、タラバガニの甲羅の中に卵を産む魚や貝の中に卵を産む魚など、変わった繁殖をする魚について紹介する「いろいろな繁殖」などの展示が用意されている。

貴重な稚魚や標本が見られる「卵から育てる水族館」に出かけよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る