東京ディズニーランドの新エリアが9月28日オープン!『美女と野獣』『ベイマックス』アトラクションが開業

2020年9月17日 17:25更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

オリエンタルランドは9月17日(木)、東京ディズニーランドの大規模開発エリア内の各施設を9月28日(月)にオープンすることを発表した。『美女と野獣』や『ベイマックス』の新アトラクションをはじめとする施設・ショップが複数開業する。

ファンタジーランドを拡張したエリア・ニューファンタジーランドに現れた「美女と野獣の城」(C)Disney


今回のエリア開発は、ファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンにまたがる総面積約4万7000平方メートルの場所に約3年をかけ、東京ディズニーランドの開業以来史上最大の規模で準備が進められていたもの。

ファンタジーランドには、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたエリアが誕生。同エリアのシンボル的存在の美女と野獣の城内で体験できる大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」や、『美女と野獣』に登場する村のお店をイメージしたショップ「ビレッジショップス」やレストランがオープン。

【写真】世界初の『ベイマックス』アトラクション!トゥモローランドの「ベイマックスのハッピーライド」(C)Disney

トゥモローランドにはディズニー映画『ベイマックス』をテーマにした世界初のライドアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」が登場。「ベイマックスのハッピーライド」の隣には、宇宙をテーマにしたポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」がオープンする。

トゥーンタウンには、キャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」が開業し、季節ごとに異なるおしゃれな装いに身を包んだミニーマウスと会うことができる。

トゥーンタウンのキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」(C)Disney


なお、大規模開発エリアのうち、東京ディズニーランド初の本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」は今回のオープンに含まれておらず、同施設のオープン日は未定となっている。

トゥモローランドのポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」(C)Disney


東京ディズニーランドでは現在、「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策を実施中。9月28日にオープンする新施設についても同様に運営する。

当面の間は一部のアトラクションの体験内容を変更し、利用人数を制限。アトラクションおよびキャラクターグリーティング施設では、新たに導入するエントリー方式にて受付を行う。また、レストランおよびショップへの入店も事前予約制となる。

新型コロナウイルス感染症の影響で当初予定していた2020年4月の開業を延期していたディズニーファン待望の新施設が、この秋いよいよオープンする。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る