【夏の自由工作】キットで簡単!クリスタルを育てよう

最終更新日:

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

夏休みの自由工作を、なるべくラクに、なるべく安く完成させたい……!というキッズ&保護者のみなさんに提案!キットを使って簡単に、自分オリジナルのクリスタルを育ててみては?



飾っておくだけでなく、加工してアクセサリーの素材にすることもできるクリスタル。自宅でも簡単に挑戦できるうえ、市販のクリスタル生育キットを使えばよりお手軽。予算も1000円以下とお手頃なのに、想像以上にきれいなクリスタルを作ることができるのでおすすめだ。ただし、完成までに2週間ほど要するので、自由研究などで提出期限があるなら、早めに取り組もう。

キットを用意して説明書の通りに作業すれば、ほとんど失敗なく完成するのが魅力。大人としてはアクセサリーの素材にするなど作成後の展開も楽しめる工作だが、実は子供たちにとっても学習の要素が満載の実験工作だ。子供たちはこの結晶作りで、“物が水に溶ける”、“溶けた物を取り出す”という、ふたつの現象を観察する機会を得られる。中学生レベルになると、結晶の構造についても学ぶことにもなるので、結晶作りの体験が役立つはずだ。

今回は材料や道具のそろったキットを利用して、簡単にキレイなクリスタルができあがるまでの工程を楽しもう。日常では見ることのできない、結晶が育っていく様子に感動した経験は、きっと強く記憶に残ることだろう。いずれ受ける理科の授業で、理解が一層深まるに違いない。

ではさっそく、準備するものと作成方法をご紹介。あわせて、記事作成中に起きたミスによる失敗レポも併せて読んでみてほしい。

博物館のお土産売り場で見かけるようなクリスタルを自宅で作ってみよう


<準備するもの>
・クリスタル作成キット
・水
・使い捨てのプラスプーンなど

■クリスタル作成キットについて
「クリスタル」と聞くと、「水晶」を思い浮かべがちだが、その意味は「結晶」。水晶に限らず、塩やミョウバンなど、分子・原子が規則的に並んだものの総称なので、「クリスタル作成キット」は水晶を作るキットではないことをまず理解しておきたい。

ネット通販などでは「クリスタル キット」のキーワードで検索すると、さまざまな商品が見つかるはずだ。今回は色付きの結晶を作成できる「クリスタルガーデン」というキットを使用した。

【写真】今回使用した「クリスタルガーデン」。左がグリーン、右がアメジストパープル

■キットに入っているもの
ここでは「クリスタルガーデン」に入っていたものを列記。クリスタル作成の材料になるものは<A>、作成する際に使う道具にあたるものは<B>とした。どのキットにも必ず<A>が入っているはずだ。

<A>
クリスタルパウダー(リン酸アンモニウム)
クリスタルの種(リン酸アンモニウムの小さな結晶)

<B>
フタ付きの専用容器
木製の混ぜ棒
石膏の土台

黒のトレー以外がキット内容


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全24枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る