ディズニーと写真家・蜷川実花が2度目のコラボ!「美女と野獣」作品や新グッズを展開

2020年10月20日 12:22更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

写真家の蜷川実花と、東京ディズニーリゾート・フォトグラフィープロジェクト「イマジニング・ザ・マジック」が2度目のコラボレーションを実現。新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」など5つのテーマで作品が展開される。

蜷川実花と「イマジニング・ザ・マジック」が2度目のコラボ(C)Disney


蜷川ワールド炸裂!5つのテーマで作品を展開

「イマジニング・ザ・マジック」は、2014年7月より東京ディズニーリゾート・ブログにてスタートしたプロジェクト。アーティストやフォトグラファーによって生み出された、東京ディズニーリゾートのさまざまな“魔法の瞬間”を紹介するというものだ。

今回は写真家の蜷川実花とコラボし、華やかで躍動感のある作品を5つのテーマで展開。9月28日に誕生した新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」や新施設「ミニーのスタイルスタジオ」などをテーマに写真を撮影し、その作品をモチーフにしたグッズの販売を行う(※詳細は東京ディズニーリゾートの公式SNSやブログを要確認)。

【写真】新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」がテーマの作品などが特別公開(C)Disney


コラボに際して、蜷川は「東京ディズニーリゾート開園35周年に続き、再びご一緒できてとてもうれしいです。ディズニーの仲間たちの魅力をお届けできるよう、“大好き”の気持ちを込めて取り組みました」とコメントしてくれた。

11月11日(水)から展開される「ミッキーマウスやドナルドダック、グーフィーなどのディズニーの仲間たち」をテーマにした作品では、ミッキーマウスをはじめ、5人のキャラクターたちが格好よくポーズを決め、輝きを放つ。「ドナルドダックとホセ・キャリオカ、パンチート」をテーマにした作品では、中南米の民族衣装を身にまとったドナルドダックたちに心が躍る。

「ドナルドダックとホセ・キャリオカ、パンチート」がテーマの作品(C)Disney


「美女と野獣“魔法のものがたり”」をテーマにした作品(2021年展開予定)では、本が大好きなベルの可憐さや、好奇心旺盛な彼女と「美女と野獣の城」の美しさが見事に表現されており、物語の世界へと誘ってくれる。

蜷川実花の作品をモチーフにした多彩なグッズが登場!

また、11月11日(水)には、グッズ第1弾として「ミッキーマウスやドナルドダック、グーフィーなどのディズニーの仲間たち」と「ドナルドダックとホセ・キャリオカ、パンチート」をモチーフにしたアイテムが、東京ディズニーリゾート・アプリ内の東京ディズニーリゾート ショッピングで発売。

うちわなど多彩なグッズも登場(C)Disney

キュートなスマートフォンケース(C)Disney


「ミッキーマウスやドナルドダック、グーフィーなどのディズニーの仲間たち」をモチーフにしたグッズは、「うちわ」(800円)や「スマートフォンケース」(3600円)、「キーチェーンセット」(1900円)など約15種類、「ドナルドダックとホセ・キャリオカ、パンチート」をモチーフにしたグッズは、「レジャーシート」(900円)、「きんちゃく」(900円)など約10種類が登場する。日常使いしやすいだけでなく、コレクション魂をくすぐるグッズが目白押しだ。

なお、2021年には、東京ディズニーリゾート・フォトグラフィープロジェクト「イマジニング・ザ・マジック」の写真展が東京で開催予定。詳細は今後、東京ディズニーリゾートの公式SNSやブログで発表される。

文=平井あゆみ

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※価格はすべて税込み

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る