ミシュラン掲載の和食店が二毛作でラーメン店に!愛知・豊田の「粋麺屋」とは?

2020年12月2日 08:00更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「ミシュランガイド 愛知・岐阜・三重2019特別版」に掲載されるなど評判の和食店「粋季」が、週2回だけラーメン店に変身するとの情報をキャッチ!気になる全容を突撃取材してきた。

ラーメン店として営業しているときは、扉の前に「らーめん」の看板を掲出 / 粋麺屋


和食店「粋季」がラーメン店「粋麺屋」に変身

もともとは豊田市駅前で営業していた「粋季」。2020年3月に店主の実家である「うなぎ屋」と合併し、昼は「うなぎ屋」、夜は「粋季」として再スタートを切った。

「合併してまもなく、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてテイクアウトを始めました。しかし、徐々に情勢が落ち着いてきたのでテイクアウトをやめ、新たに1人でもできるラーメン店をひっそりと始めることにしました」

と話すのは店主の加藤雄介さん。9月から、市場が休みになる水曜日と日曜日はラーメン店として営業している。

ラーメン店は、カウンターを中心に営業。夜営業時のみ、テーブル席も利用できる / 粋麺屋


アゴダシならではのクリアな旨味

牛ホルモンをそのままスープに仕立てるなど、食材そのものの旨味をダシとして使用する「己(おのれ)ダシ」が加藤さんの持ち味。これを生かし、さまざまな食材からとるダシに油や塩気を足して、ラーメンに仕立てていくのだ。メニューをチェックし、今回は「flying fishラーメン」(1000円)をオーダー。

【写真】ミシュラン掲載の和食店が作るラーメンが話題!ダシが秀逸で飲み干す旨さ


イワシの煮干しとはまた違う、トビウオらしい一本筋の通ったクリアな旨味は圧巻。トビウオを大量投入してたった25杯分しかスープが取れないほど贅沢な仕込みをしているためか、驚くほど旨味が濃い。雑味がなく、風味も存分に感じられる。

弱火にしてからトビウオを鍋に投入することで、クリアな旨味を抽出することができる / 粋麺屋

店主の加藤雄介さん。「どんどん進化するflying fishスープにご期待ください」 / 粋麺屋


魚介節の香りが漂う和風担々麺

「flying fishラーメン」(1000円)を主軸に、その日の気まぐれでもう1~2種類、魚を生かしたラーメンを用意している。取材時に用意されていたのは「豆乳担々麺」。鶏や豚などの動物系は使用せず、ムロ節やカツオ節などの節系スープに豆乳とゴマを合わせたすっきりとした味わいが新鮮だ。

麺は、全粒粉をブレンドした中細麺。自家製のラー油は、七味を使って華やかな香りに仕上げた / 粋麺屋


ほかにも、海老味噌や金目鯛カレーなど個性的なラーメンが登場することもある。あえてメニューを固定しないことで、加藤さん自身もどんなラーメンを作ろうかと楽しんでいるようだ。従来になかった着眼点から生み出される、ダシを生かしたラーメンに今後も注目したい。

●粋麺屋 / 住所:愛知県豊田市陣中町1-15-10 / 電話:0565-33-0009 / 時間:水曜11:30~14:00、18:00~21:00、日曜17:30~21:00※売切れ次第終了 / 休み:月曜、火曜、木曜、金曜、土曜

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る