2万5000円の男性用勝負下着“侍パンツ”でいざ出陣!!

2009年11月1日 20:12更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

男性用の下着専門店ができるなど、ここ数年で格段に増えた“見えないオシャレ”需要。そんな中で、なんと2万5000円という、ちょっぴりお高め価格の男性用勝負下着「侍パンツ 武蔵」がログイン株式会社から11/26(木)に発売される。

このパンツ、色を見て分かる通り、こだわりの“藍染め”を使用。日本藍染文化協会会長であり国選定阿波藍製造無形文化財、現在名工・19代目藍師の佐藤昭人氏、矢野藍秀氏らが協力した藍染めは、化学薬品を使用しない日本最高峰の技術。2万5000円も納得のクオリティーなのだ。

そもそも藍染めは、中世の武士たちが戦いの際に“勝色”として身につけたという縁起かつぎのもの。それをパンツにしたことで、日本男児の戦う精神に火をつける1枚になった。

色だけでなく、生地は包帯を進化させ、優れた通気性と伸縮性にこだわった独自素材。また、デザインも武士柄の「勢 SEI」、漢字柄の「極 GOKU」、鴬(ウグイス)と刀が描かれた「術 JYUTSU」、そして無地の「武蔵 MUSASHI」と、男らしいものがそろう。

こだわり抜いた同品は、日本橋三越本店や伊勢丹新宿店メンズ館、同社通販サイトで購入できる。ちなみに販売は受注生産なので、オーダーから約2か月で手元に届く仕組み。武士たちが勝負の日に身につけた藍染めの“勝色”パンツ、あなたも勝負の日に身につければ“勝ち組”になれちゃうかも!?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る