新感覚ナイトクルーズ、沖縄県沖縄市で「MOONLIGHT CRUISE in 東南植物楽園」が開催中

2021年2月27日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

沖縄県沖縄市の東南植物楽園で「MOONLIGHT CRUISE in 東南植物楽園」を5月9日(日)まで開催中。

沖縄テレビで放送中のホラーオムニバスドラマ「琉球トラウマナイト」とコラボした恐怖映像「鬼大城(うにうふぐしく)」が流れる写真は主催者提供


2019年に好評だった「MOONLIGHT CRUISE(ムーンライトクルーズ)」が再登場。ヤマハとソニーが共同開発した最新型モビリティ「Sociable Cart(ソーシャブルカート) SC-1」に乗って、自動運転で夜の植物園を10分間周遊。フロントガラス部分に高精細ディスプレイが設置され、カメラでとらえた風景とシステムに搭載する映像を映し出し、リアリティ感あふれる奇妙な世界を体感できる。

子供連れなら、走り出すと神秘的な海底の森へと誘われるファンタジーな雰囲気の「ナイトアクアリウム」がおすすめ。カップルや友達同士には、ホラー仕立ての「鬼大城(うにうふぐしく)」がおすすめだ。森の暗闇から聞こえる自然の音と鮮やかな映像でハラハラドキドキが止まらない。

【写真】空中を泳ぐ魚たちを観られる「ナイトアクアリウム」写真は主催者提供


また、東南植物楽園ではイルミネーションイベント「ひかりの散歩道2020-2021」も同時開催中。一昨年の180万球から280万球へスケールアップし、広大な園内にテーマ別イルミネーションを設置した。「希望」「元気」をキーワードに南国を連想させる鮮やかな輝きを園内に施し、訪れる人々の心が少しでも明るく、前向きになれるようなイルミネーションを楽しめる。

夜の東南植物楽園で、最新型モビリティによる特別な体験ができる「MOONLIGHT CRUISE in 東南植物楽園」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】
自社サイトにて取組みを掲載しております

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る