コラーゲンたっぷり!一本丸ごと“豚角煮ラーメン”登場

2009年11月3日 10:34更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

“チョコ味噌ラーメン”や“ゼラチンラーメン”など、一風変わったラーメンが続々登場する中、豚の角煮100gが丸々1本入った、超ド級の一杯が11/6(金)より期間限定で発売されるという。気になる記者はさっそくラーメンチェーン店「ちりめん亭」を直撃! 肉&麺の“黄金比”をひと足早くチェックしてみた。

「豚角煮らーめん」(790円)というだけあって、どんぶりの上に見えるのは麺を覆い隠しそうなほどの“極厚豚角煮”が丸々1本! 迫力あるビジュアルがインパクト大だが、記者はそのやわらかさにもびっくり。醤油、砂糖、ショウガなどでじっくりと煮込んだ角煮は箸でさくっと切れ、独特のトロトロ感もたまらない。

しかも、衝撃なのはラーメンが“くどくない”ということ。スープは魚介系スープと鶏豚白湯スープを合わせたダブルスープに、丸鶏と国産野菜を炊き込んだ「特製塩たれ」を合わせた“さっぱり味”。そこに煮込んだ角煮の旨みがMIXされ、あっさりしながらもコクのあるスープに仕上がっている。「食べきれないかも…」と思っていた記者も難なく完食。同行したカメラマンに至っては「スープにご飯を入れてシメたい」と言うほどだった。

サクサクと食べきって満腹の記者に、「お肌のプリプリ感も期待できるかもしれませんね」と教えてくれたのは「ちりめん亭」担当スタッフ。

「よく、角煮の“白い部分”を脂と勘違いして残される方がいらっしゃいますが、あの“白い部分”にはコラーゲンが多く含まれているんです。豚のコラーゲンは他の動物と比べて吸収されやすいんですよ」

なんと! あの“白い部分”が美肌の元・コラーゲンだったとは。ラーメンをお腹いっぱい食べて美肌になれるなら女性にとってはうれしい限り。なんでも、角煮は煮込むと余分な脂が抜け落ち大きさも元の6割くらいになるので、それもあっさり食べられる理由なのだとか。

男性だけでなく女性にも話題になりそうな「豚角煮らーめん」は、首都圏、東海、関西を中心に展開するラーメンチェーン店「ちりめん亭」にて、11/6(金)より12月末(予定)まで販売。また、「新高円寺店」(東京)、「新大阪店」(大阪)、「王子駅前店」(東京)、「市ヶ谷店」(東京)、「牛込北町店」(東京)、「石神井公園店」(東京)、「アトレ新浦安店」(千葉)の7店舗では、11/4(水)より先行発売も行われるとのことなので、気になる人はいち早く堪能してみては? 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る