「週刊新潮」の表紙絵60点が並ぶ、群馬県富岡市で「谷内六郎~絵あそび・言葉あそび~」が開催中

2021年3月29日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

群馬県富岡市の富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館で、谷内六郎が描いた「週刊新潮」の表紙絵などが展示される富岡市・横須賀市友好都市提携5周年記念「谷内六郎~絵あそび・言葉あそび~」が5月16日(日)まで開催中。観覧料は一般400円、大学・高校生は300円、中学生以下は無料となっている。

《葉のレントゲン》1977年 水彩・厚紙 横須賀美術館蔵写真は主催者提供


谷内六郎は、「週刊新潮」創刊号以降、1300枚以上の表紙絵を描いた東京都出身の画家。「谷内六郎~絵あそび・言葉あそび~」では、画家の谷内六郎が描いた「週刊新潮」の表紙絵原画60点と、各表紙絵に付いた「表紙の言葉」のパネルを60点分展示。「表紙の言葉」は、自筆原稿12点が別途展示されている。

【写真】《和服と洋服》1973年 水彩・厚紙 横須賀美術館蔵写真は主催者提供


また、谷内六郎と親交があった美術家の横尾忠則が編集した「谷内六郎幻想記」「谷内六郎の絵本歳時記」を紹介。「谷内六郎幻想記」に掲載された横尾忠則によるあとがきや、谷内六郎の表紙絵と「表紙の言葉」に対して寄せた、横尾忠則のコメントを見ることができる。

機知に富んだ谷内六郎の作品をとおして、絵や言葉を使った創作のおもしろさを体感できるはず。富岡市・横須賀市友好都市提携5周年記念「谷内六郎~絵あそび・言葉あそび~」に足を運んでみよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温・健康状態申告書の記入/マスク着用/混雑時の入館制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る