福岡に春を告げる花の祭典!福岡県福岡市の国営海の中道海浜公園で「海の中道フラワーピクニック2021」が開催中

2021年4月23日 16:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡県福岡市の国営海の中道海浜公園で「海の中道フラワーピクニック2021」を5月23日(日)まで開催中。入園料金は、大人(15歳以上)450円、シルバー(65歳以上)210円、中学生以下は無料。

西日本最大級の瑠璃色の花畑が広がる120万本のネモフィラ畑写真は主催者提供


福岡に春を告げる花の祭典「海の中道フラワーピクニック2021」は今回で34回目を数えるイベント。「120万本のネモフィラで描く青い花の海」をはじめ、新登場のビタミンカラーでリフレッシュできる「ポピー花壇」や「カラフルなチューリップ花壇」など見どころがたくさんだ。

毎年大好評の青いネモフィラで描く花の海は、一番人気のビュースポット。丘一面を淡い青のネモフィラが染め上げ、目の前には、青の景色が広がり4月下旬まで楽しめる。また、園内のレストハウスでは、青いネモフィラをイメージしたネモフィラソフト(400円)やネモフィラドリンク(300円)などの季節限定メニューも販売する。

【写真】オレンジや黄色のビタミンカラーが鮮やかなアイスランドポピーは今年初登場写真は主催者提供


さらに今年は、和紙のような繊細な質感の花びらが特徴のアイスランドポピーの花壇が新登場。オレンジ色や黄色、白色のポップなビタミンカラーで池のほとりの花畑を華やかに演出する。

そのほか、電動キックボード「mobby」に乗って園内を散策できるイベントや、各エリアを巡ってスタンプを集めると抽選で景品が当たる「デジタルスタンプラリー」などさまざまなイベントが開催される。

自然体験、スポーツ、クラフト体験、動物ふれあいなど、お楽しみが盛りだくさんな「海の中道フラワーピクニック2021」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/待機列の確保/予防のアナウンス/テイクアウトの充実/消毒液・手洗い石鹸の設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒、こまめな手洗い/マスク着用/一部施設の利用制限
【その他】
宴会を伴う花見の自粛/飲食は短時間(1時間以内)を要請

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る