さまざまな花が春を彩る、福岡県北九州市のグリーンパークで「ファミリーフラワーフェスティバル2021」が開催中

2021年4月23日 16:15更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

福岡県北九州市の響灘緑地(グリーンパーク)で「ファミリーフラワーフェスティバル2021」を5月9日(日)まで開催中だ。入園料は、一般150円、小・中学生70円、高齢者(北九州市、福岡市、下関市、鹿児島市及び熊本市在住の65歳以上)40円、未就学児は無料。

彩の丘に色とりどりの花が咲き乱れる写真は主催者提供


響灘緑地(グリーンパーク)は、複雑な水際線がリアス式海岸を思わせる広大な頓田貯水池を中心に山林、原野、海浜など変化に富んだ自然景観がひろがる、“水・緑・そして動物たちとのふれあい”をテーマにした北九州市内最大の公園。イベントの開催期間中は、チューリップ・スイセン・ネモフィラなど春を代表する花々、18種・約16万株が園内を彩る。

また、沢山のきれいなビー玉で色んな遊び方を楽しめる知育遊具イベント「帰ってきた!ビー玉遊びの世界展」を同時開催(入場料:小学生以上300円)。さらに、人気沸騰中のコツメカワウソのえさやり体験などの動物イベントも開催される。

【写真】北九州市の響灘緑地(グリーンパーク)で「ファミリーフラワーフェスティバル2021」開催写真は主催者提供


家族そろって春を思い切り満喫できる響灘緑地(グリーンパーク)の「ファミリーフラワーフェスティバル2021」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内と屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る