10/18(土)19(日)「元町クラフトマンシップ・ストリート フードフェア 2008」開催

2008年10月15日 20:58更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「横濱元町霧笛楼」をはじめとする、元町に名だたるレストラン・飲食店などが協力して、フードフェアを開催。ブースを設け、料理人が目の前で調理、クラシックの路上生演奏と共に秋の夜長を楽しんでもらうという趣向だ。何と言ってもうれしいのは、街頭に並んだ元町の有名レストランの料理が300〜900円で食べられること。「霧笛楼」では海老のひと口カツレツ風 ミモザ風トリュフ風味のマカロニ添え600円、「ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ」では牛サーロインステーキ 香草パン粉風味700円、「修廣樹」ではグリーンアスパラガスのブランマンジェと小海老のカクテル、独活(うど)のクーリで500円などなど。量はやや少なめ、でも、だからこそ食べ歩きができる! フレンチ、和食、中華、多国籍、スイーツetc.にワイン、ビール、日本酒、焼酎なども。前身の企画から数えるとことしで8回目となる、秋の元町の大人気イベントだ。

ちなみに「元町クラフトマンシップ・ストリート」とは、元町仲通り、本牧通り、汐汲坂通り、代官坂通り、水屋敷通りの5本の通りの総称。開港後に、表通り(いまの元町通り)は外国人相手に商売をする人、一本入った通り(仲通り)は洋家具、衣服、帽子、ハンドバッグや靴を作る人(木工所、靴職人など)の街になっていったことに由来する。そんな歴史も踏まえつつ、見事なプロの技を味わおう。詳細はHPをチェック!【横浜ウォーカー/木村優子】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る