【Pocochaコラボ】猿田彦珈琲プロデュースの喫茶店で美しいパフェを堪能!コーヒーはおかわり自由

2022年1月17日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

DeNAが運営するライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」と、ウォーカープラスがコラボレーション。ウォーカープラスへの出演権をかけたライバー(配信者)向けイベントが開催され、東京エリアでは、スウィートシンガーあいさんがその権利をゲットした。

Pocochaのライバー、スウィートシンガーあいさん。シンガー・歌のお姉さんとして、関西を中心に活躍中。本業の傍ら、今回の企画に参加した


スウィートシンガーあいさんが今回レポートしてくれるのは、新宿駅目の前の「喫茶パステト」。名物のパフェとコーヒーの魅力をお届けする。

新宿駅前の新名所に誕生した「猿田彦珈琲」プロデュースの喫茶店

今夏、ネットを中心に国内外で話題となった3D巨大猫動画「新宿東口の猫」を知っているだろうか?新宿の新たな観光名所、待ち合わせスポットになりつつあるこのビルに、話題性抜群の喫茶店が10月1日オープンした。なんと、コーヒーの名店「猿田彦珈琲」がプロデュースしているという。

「喫茶パステト」は地下1階にある。1階の「カフェ リトルパステト」は、街歩きに最適なスイーツドリンク「フラペト」が名物だ

「『新宿東口の猫』は私も知っています。場所はここでしたか!1階には『カフェ リトルパステト』というお店があって、こちらは系列店でしょうね。パフェもコーヒーも好きなので、楽しみです!」(スウィートシンガーあいさん)

ダークカラーの木目調家具に、モスグリーンやターコイズブルーの差し色が映える

店内は、新宿駅前の喧騒とは打って変わって静寂そのもの。喫茶店と呼ぶにふさわしい、どこかレトロさも感じさせる落ち着いた色調の空間だ。

自分好みに“味変”できるフォトジェニックなパフェ

同店の名物フードが、写真映えもばっちりのパフェ。「猿田彦珈琲」プロデュースと前記したが、パフェは有名外資系ホテルのパティシエに監修を依頼。味やビジュアルはもちろんのこと、食べ手の味わい方まで考え尽くされた、まさにパフェ(フランス語でパーフェクト=完璧を意味する「パルフェ」が由来)となっている。

器の幅にゆとりがあるグラスを採用しているのも「喫茶パステト」のパフェの特徴。この形にも意味がある


同店では、パフェにソースやホイップクリームなどが別添えされるのが特徴。食べながら味を変えつつ、多彩なおいしさを楽しめるように構成されているのだ。フレーバーは3種類あり、スウィートシンガーあいさんがチョイスしたのは「ベリー&ピスタチオのパフェ」(1800円)。ほかに「マンゴー&パイナップルのパフェ」(2000円)、「キャラメル&ポワールのパフェ」(1600円)がある。

果実はフレッシュフランボワーズが中心。濃厚な甘酸っぱさが楽しめる

内部のアイスはピスタチオとラズベリー。こちらは「猿田彦珈琲」が手掛ける「ティキタカアイスクリーム」を使用している


今回は、パフェとコーヒーとのセットでお得になる「ベリー+珈琲」(2600円)をオーダー。席に届くと、その芸術的なビジュアルにスウィートシンガーあいさんも満面の笑みに。

カトラリーにはポルトガルの一流ブランド「クチポール」、コーヒーマグには岐阜の美濃焼を採用するなど、随所にこだわりが見受けられる

関西屈指のスイーツの街・神戸出身のスウィートシンガーあいさんも、ひと口でご満悦


「私の大好きなチーズケーキも入っていました!濃厚なベイクドタイプでおいしい。ピスタチオアイスを使ったパフェを食べたのは初めてですね。ベリー系の味わいとマッチして、コーヒーにもよく合います」(スウィートシンガーあいさん)

別添えの「ソースフリュイルージュ(赤い果実のソース)」をひとかけ。また違った表情を楽しめる


「途中でアレンジできるのはうれしいですね。こうした驚きと楽しさがあるパフェは新感覚。ほかのフレーバーも気になっちゃいます!」(スウィートシンガーあいさん)

ソースのほか、ベリーコンポートと、エスプーマという機器でホイップ状にしたベリー風味のクリームで“味変”ができる


コーヒーはおかわり自由!席はネット予約も可能

コーヒーについては、名店がプロデュースしているという点だけではない。なんと、その高品質なスペシャルティコーヒーがおかわり自由となっている(100分制、LO80分前)。おかわり時に種類を変えられるため、飲み比べて自分の好みを見つけられることもポイントだ。

店内をよく見ると「猿田彦珈琲」の豆の袋が


「猿田彦珈琲」が選んだ豆は4種類。シングルオリジンが、エチオピアの深煎り、ブラジルの浅煎り、ケニアの浅煎りの3種類。そして、バランス良くブレンドした豆を深煎りした「フレンチロースト」を用意している。それぞれホット、アイスどちらでも提供可能だ。

誰が淹れてもブレがなく、おかわり自由というスタイルに対応できるよう、高性能なコーヒーメーカーを採用しているのも特徴。こちらも「猿田彦珈琲」が設定を担当。豆の個性が最大限に生きるよう、4種類それぞれのドリップ機能を微調整している。つまり、名店そのままのおいしさが楽しめるのだ。

湯の温度、注湯タイミングなどが4種類の豆それぞれに対して細かく設定されている


スウィートシンガーあいさんがオーダーしたのは「フレンチロースト」。滑らかでエレガントな余韻が際立つ味わいだ。

「香りはビターで上品。味には深みがあって、ほっとした気分になれます。新宿の駅前にこんな素敵な喫茶店がオープンするなんて、さすが東京ですね!また東京に来たら立ち寄って、今度はゆっくりと飲み比べを楽しみたいです」(スウィートシンガーあいさん)

1杯目にはベルギー生まれのビスケット「ロータス ビスコフ」が付く。コーヒー単体は1400円だが、おかわり自由であればお得な金額だ


「喫茶 パステト」は、ネット(食べログ、OZmall)限定で席の予約が可能。軽食を楽しみたい時は、「猿田彦珈琲」のベーカリーブランド「オキーニョ」の「トースト」(800円)も用意されているので、ぜひご賞味を。新宿に出かける際は、事前予約でスマートに利用しよう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

取材・文=中山秀明
写真=阿部昌也

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全16枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る