熱海で「日本一遅い紅葉」を!首都圏から日帰りで楽しめる紅葉名所の見頃・楽しみ方ガイド

2021年11月1日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

今年もいよいよ本格的な紅葉シーズンが到来。秋の絶景を楽しみたいけれど、コロナ禍ということもあり、大がかりな旅行にためらいのある人も多いはず。そこで今回は、首都圏から日帰りで楽しめる温泉地・熱海の紅葉をピックアップ!「日本一遅い紅葉の名所」として紹介されることもある熱海随一の紅葉名所の見頃や、イベント情報をまとめて紹介する。

熱海梅園は熱海屈指の観光スポット画像提供:熱海市観光協会

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

梅園の秋を彩るあでやかな紅葉!熱海梅園

熱海梅園の紅葉画像提供:熱海市観光協会

例年の見頃:11月下旬~12月上旬

早咲きの梅が有名な熱海梅園は、紅葉スポットとしても有名。園内にはイロハモミジやムサシノ、イチジョウなどのカエデ類が約380本あり、温暖な気候の影響で毎年11月下旬から12月にかけて園内を彩る。タイミングが合えば、11月中旬から開花する早咲きの梅と紅葉を同時に見ることができ、人々を楽しませている。園内中央にある見晴台からの眺望がおすすめ。また、熱海梅園もみじまつり期間中は、紅葉のライトアップが実施され、多くの人でにぎわう。


紅葉ライトアップも!「熱海梅園もみじまつり」

【画像】「熱海梅園もみじまつり」期間中は紅葉ライトアップも実施画像提供:熱海市観光協会

開催期間:11月13日(土)~12月5日(日)

2021年11月13日(土)~12月5日(日)の期間中、熱海梅園で開催される「第35回熱海梅園もみじまつり」。期間中は梅園内の足湯(10時~16時)、紅葉ライトアップ(16時30分~21時)、フォトコンテストなども開催される。


新型コロナウイルス感染症拡大防止対策

【屋内・屋外区分】屋外
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/マスク着用/ゴミの持ち帰り

紅葉以外にも温泉や観光スポットが満載の熱海。今年の晩秋は、熱海の紅葉でしめくくってみては?

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る