金子大地×醍醐虎汰朗が再共演!金子が語る限界超えエピソード「倒れたら俺がおんぶすると言われ…」

2021年11月25日 17:39更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11月26日(金)よりHuluで独占配信されるオリジナルドラマ「未来世紀SHIBUYA」でタッグを組む、実力派若手俳優の金子大地と醍醐虎汰朗。

近未来の動画配信者が主人公の「未来世紀SHIBUYA」

⽩⽯晃⼠が監督を務める本作は、2036年の“シブヤ”が舞台。AI恋人・脳内チップ・記憶移植など、デジタル化で起こる日本の近い未来の姿を、デジタル化社会底辺で生きる動画配信者の若者を通じて描く、完全オリジナルの動画エンターテインメント作品となっている。

「未来世紀SHIBUYA」場面カット(C)HJホールディングス

スラム化した“裏シブヤ”をホームグラウンドに活動する“WeTuber”のミツルとカケルを演じた金子と醍醐に、本作の魅力や共演してのお互いの印象、10年後の自分について聞いた。

“WeTuber”のミツルを演じた金子大地(写真右)とカケルを演じた醍醐虎汰朗(同左)

醍醐虎汰朗は「感覚やセンスが素晴らしい役者」

――お2人は「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」(テレビ東京系)に出演されていましたが、しっかりと一緒にお芝居をされるのは今回が初めてかと思います。最初はお互いどのような印象を抱かれていましたか?

【金子大地】どういう役者さんなのか、すごく気になっていました。「バイプレイヤーズ」では共演シーンが少なく、会話もそんなにできなかったので。その時はかわいくて、礼儀正しい子だなという印象でした。

【醍醐虎汰朗】ありがとうございます。僕も大地くんが実際にどんな方なのか知らなかったので、「優しいといいな」と思っていました。今回共演させていただいて、すぐ仲良くなって。最初は僕の方から話しかけてましたっけ?

【金子大地】いつの間にか自然と話してたよね。

【醍醐虎汰朗】役の関係性が近いから仲良くしないと、と意識したというよりは、 普通に過ごしていて、気付いたら仲良くなっていたという感じです。

(C)HJホールディングス

――今回の共演でお互いのイメージは変わりましたか?

【金子大地】醍醐くんは、感覚やセンスが素晴らしくて。4つ年下ではありますが、すごい役者さんだなと思いました。理解も早くて、お芝居しやすかったです。

【醍醐虎汰朗】大地くんが演じたミツルという役へのアプローチの仕方について、「こういう解釈で持ってくるんだ、すごい」と僕はリスペクトしていましたし、すごく頼りがいがありました。大地くんとのお芝居は、楽しいと思う瞬間が多かったですね。

――現代でいうところのYouTuberである“WeTuber”の「正義マン」として活動する、ミツルとカケルを、フェイクドキュメンタリー的なタッチで描いた作品ですが、脚本を読まれた時はどう思われましたか?

【金子大地】1回読むだけでは内容を全然理解できなくて、何度も読み、その都度「ここはこういうことですよね?」と聞いたり、話し合ったりして。本読みをしながら、だんだん掴んでいったという感じです。また、iPhoneでの撮影など、白石監督が常に新しいことをやろうとされていて、それが楽しみでしたし、撮影前からすごくワクワクしていました。

【醍醐虎汰朗】デジタル化が進む中、この作品は今後問題になりそうな現代の闇を描いているんですけど、すごくポップだなという印象を台本から感じて。僕らがやっているのはエンターテインメントのお仕事なので、コロナをはじめハッピーじゃないニュースが多い今、誰かに元気を与えられる作品になりそうだなと思いました。

(C)HJホールディングス

――衣装もカラフルで、すごくポップですよね。

【醍醐虎汰朗】そうですね。僕はサッカー選手のような衣装ですが、大地くんの衣装はより特徴的ですよね。

【金子大地】衣装は候補が何着もあって、その中からミツルに合うものをこだわって選びました。男性だから、女性だからこういうものを着ないといけない、というよりは、自由な格好をしている未来を考えて。また、ミツルは男ではあるけれど少し女性のような優しい一面もあるので、そういうところも入れたいなと思い、中性的な衣装になりました。

――役作りのためにされたことはありますか?

【金子大地】あまりにも自分にない要素が多い役だったので、台本を読んだ時はどうしようと思いましたが、見た目から変わらないと内面的なものも作れないと感じたので、まずは衣装を決めて。それが決まってから、やっとキャラクター像をつかむことが出来たと思います。

そこから自分の中で、金子大地という男の邪念みたいなのを全部取り払って。ミツルはおっちょこちょいでカケルにつっこまれるような役柄ですが、醍醐くんが4つ下ということもあったので、包容力があり、懐の深いキャラクターにしようと心がけました。

【醍醐虎汰朗】大地くんは、初日の段階で、ミツルという難しいキャラクターをしっかり決めてこられて、すごいなと思いました。そのあとも、現場ではナチュラルさと作りこまれた世界との狭間で、演じる役を絶妙な塩梅の芝居で最後まで成立させていて、素晴らしい役者さんだと感じたとともに本当に尊敬しました。

【金子大地】ものすごくうれしいです。

【醍醐虎汰朗】僕は、「カケルはミツルが大好きだ」という一本の芯をちゃんと立てて演じました。また、すごくやんちゃでかっこつけるけど、2人の“WeTuber”としての成長を見せるためにも、愛されるキャラクターにしたくて。計算高さみたいなのは全部捨てて、大地くんが演じるミツルとのバランスを考えながら演じましたね。

――醍醐さんがカケルを演じることで、金子さんは演じやすさなどはありましたか?

【金子大地】それはすごくありましたね。彼はセンスに長けているので、僕の急なアドリブにも全部応えてくれて。しかも、それを事前のやりとりもなく自然にできるのがすごいなと感じましたし、堂々と演じるので頼もしいなと思いました。

【醍醐虎汰朗】アドリブはすごく楽しかったです。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全23枚)

キーワード

ページ上部へ戻る