販売目標70億円!新ヨーグルトブランド「meiji Yoplait」が誕生

2009年11月18日 18:24更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

11/18、「meiji Yoplait(メイジ ヨ―プレイ)」の、ヨーグルト新商品発表会が都内で行われた。

「meiji Yoplait」は、明治乳業とYoplaitが業務提携した共同ブランド。ヨーグルトシェアで世界ナンバー2の企業Yoplaitが、日本ナンバー1のシェアを誇る明治乳業に呼び掛け、ヨーグルト新商品2種を発売することとなった。

新ブランドのコンセプトとして「Joy&Fan!! 食は楽しい」を掲げ開発された新商品2種。一品は、子どもを主なターゲットに設定したチューブタイプヨーグルト「グルト!」(40g×6、258円)。スプーンいらずで、“チューチュー”とお手軽に、簡単に食べることができるヨーグルトだ。

そしてもう一品は“今までにないフルーツの組み合わせで”と、開発されたマイルドなヨーグルト「ぞっこんヨーグルト」(138円)。“マンゴーとオレンジピール”“白桃とラズベリー”“キウイとバナナ”と、甘酸のバランスの良いフルーツがたっぷり2種ずつ入っている。

「もっとヨーグルトを楽しんで食べてもらいたい。2010年の販売目標は70億円。“食の楽しさ”という分野を強化すれば、日本でのヨーグルト市場は広がるだろうと判断した」と、自信たっぷり話すのは、明治乳業社長の浅野茂太郎さん。2つの企業のノウハウを生かした新商品は、今後もどんどんラインナップを増やしていくという。

欧米ではすでに人気を博しているチューブタイプヨーグルトや、カップタイプのまろやかなフルーツヨーグルト。日本でも話題になりそうだ。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全15枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る