“毛皮の似合う人”に黒木メイサ、中村獅童についてはダンマリ

2009年11月19日 15:57更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

19日に「第5回 Fur of the Year 授賞式」が都内で開催され、女優の黒木メイサさんが登場。クリスマスは「仕事しています」と言い、噂となっている俳優の中村獅童さんとの交際についてはノーコメントを通した。

11月20日「毛皮の日」を記念し、最も毛皮が似合う人に贈られるこの賞。メイサさんの受賞理由は、“強い眼差し”“年齢を感じさせない凛とした美しさ”が毛皮をまとうにふさわしいからだそう。

エンポリオ・アルマーニのTシャツとジーンズというカジュアルな装いに、毛皮の中でも最高級のロシアンセーブルで作られたジャケットに袖を通し、「身が引き締まる思い」とメイサさん。ファーは小物で取り入れることが多いそうで、今後は「コートを中心にいろいろ挑戦していきたい」と、笑顔を見せた。

授賞式後の会見では、「(クリスマスは)今、映画の撮影中なので、仕事です」「(受賞の喜びをじかに伝えたい人は)姉です」など、すべての質問をさらりとかわし、21歳とは思えない落ち着きぶり。交際は続いていますか?という質問には答えず、笑顔を残して会場を後にした。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る