コスプレイヤーの本田夕歩が1st写真集を発売!「私の人生のような1冊」

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
本格的なグラビアに挑戦した1st写真集『本田夕歩1st写真集 amble』を6月15日に発売した本田夕歩

SNSを中心に活動するコスプレイヤーの本田夕歩。本格的なグラビアに挑戦した1st写真集『本田夕歩1st写真集 amble』が6月15日に発売。写真集へ込めた思いやこだわりなどを一問一答形式で答えてもらった。

【写真】1st写真集へ込めた思いやこだわりなどを答える本田夕歩

「amble(アンブル)」というタイトルは私の名前にある“本田夕歩”の歩と結びついている

――『amble』を出すと決まった時の気持ちを教えてください。

【本田夕歩】正直、実感が湧かず頭の中がハテナだらけだったので記憶が曖昧です。それくらい衝撃もすごくてびっくりでした…!じわじわと不安な気持ちや嬉しい気持ちが交錯して不思議な感覚だったのも覚えています。

――どういった経緯で、写真集の発売を決めたのでしょうか。

【本田夕歩】最初は「写真集が決まりました!ではなく写真集を出すことに興味があるかどうか」でお話を頂いたので、あまり深く考えずに「興味あります!」と答えました。まさか本当にメジャーの写真集を発売することになるなんて思いもしなかったので、今でもふわふわした気持ちが残ってます(笑)。

――どんな内容の写真集になっているのでしょうか。

【本田夕歩】写真集のテーマが「ゆっくり、マイペースに歩いていく」なので等身大の私を感じられような表情は勿論、自分の人生を変えてくれたコスプレちっくな衣装などなど私の人生のような1冊になっております!

――制作する上で、本田さんがこだわった点があれば教えてください。

【本田夕歩】笑顔にしても、くしゃっと本気で笑ってるカットやセクシーな衣装の時はキメすぎじゃないの?ってくらいキメてる表情など…本当にさまざまな表情が見られるようにしました!特に浴衣のカットでのフワッと笑ってる顔は、自撮りで撮ってもなかなかできない表情だったので自分でもびっくりしました。

また衣装に関しても、自分が着てみたいものやチャレンジという意味での衣装もあって、それぞれ注目していただけたら嬉しいです。特にスタイリストさんお手製のうさぎとパンダチャイナのコスチュームはじっくりじっくり見てくださいね…!感想もお待ちしてます♡

「まさか本当にメジャーの写真集を発売することになるなんて思いもしなかった」

――『amble』をタイトルにした理由を教えてください。

【本田夕歩】「amble(アンブル)」というタイトルは私の名前にある“本田夕歩”の歩と結びついています。写真集のテーマにもなっている「ゆっくり、マイペースに歩いていく」などの意味があります。編集担当の方が決めてくださったのですが、私にぴったりすぎて驚きが隠せませんでした…。あえて全て小文字なのも私らしくてお気に入りのポイントです。皆さんにも愛してもらえるタイトルになるといいな…!

――帯に「大人になりたかった」とコメントが載っていますが、詳しく教えてください。

【本田夕歩】普段SNSでは私服での写真が多く、あまり露出度の高いものは載せていなかったので、今回の写真集で大人になった私を見て頂きたいです。今までは避けてきた大人っぽいランジェリーなども挑戦できたきっかけになり、一歩また大人になれた気がします。

学生時代とかとはまた違う青春を謳歌してる自分をギュッと凝縮した写真集

――『amble』に点数を付けるとすると何点になりますか。

【本田夕歩】100点中100点です!勿論、自分自身が完璧だとは思いませんが、今回この写真集に携わってくださったスタッフの皆さんや、ファンの皆さんのおかげで100点までレベルアップできていると思います!まだまだ限界突破できるよう精進してまいります…!

――カバーのイエローのワンピースがかなり目を引きます。この写真をカバーに決めた理由を教えてください。また、別の候補もあったのでしょうか。カバー撮影時のお話を聞かせてください。

【本田夕歩】カバーの黄色のワンピースは本当にお気に入りの衣装でもあり、カバー写真は大好きな1カットになっています。トータルバランスで見て盛れているのと、一目見て目立つ黄色でもあったのでこちらに決まりました!別の候補も勿論あったのですが、直感も含めて黄色のワンピースのカットが良かったので、今ではそれ以外が考えられないくらいお気に入りです。

カバー撮影時はとにかく顔もポージングも何もかもが◎じゃないとダメなので、逆に意識しすぎないようにしていたのを覚えています。

――また、裏表紙はセクシーなチャイナ服で目立ちますね。この写真を裏表紙に決めた理由は?裏表紙撮影時のお話も聞かせてください。

【本田夕歩】メインのカバー写真とは違ったギャップ感を出せるようにパンダチャイナのコスチュームのカットを選ばせていただきました!セクシー感もあり可愛さもありで、初見の方にも刺激が強すぎないものにしたつもりです(笑)。

裏表紙はメインのカバー写真とは違うイメージだったので、いつも通りな感じで写真を撮っていただきました…!どちらにも共通しているのがカバー写真を撮ってもらってるという感覚を無くしてポージングをしていたことです。

――本田さんにとって、どんな存在の写真集になりましたか。

【本田夕歩】学生時代とかとはまた違う青春を謳歌してる自分をギュッと凝縮した写真集です。写真集の内容自体は私の人生を変えてくれたコスプレの要素だったり、普段の私らしさが詰まっていますが、どんな存在かと言われたらパッと青春という文字が浮かびました。二度とこの気持ちは味わえないと思いますし、もう少し大人になった時に楽しかったなあと思い出せるような、そんな感じです(笑)。語彙力がなくてすみません。

「浴衣のカットでのフワッと笑ってる顔は、なかなかできない表情だったので自分でもびっくりしました」

――お父さんやお母さん、家族、友達には写真集を見てもらいましたか。

【本田夕歩】まだ先行カットやオフショットくらいではありますが見せました!特に家族はすごく喜んでくれて、職場の方々に宣伝しているらしいです(笑)。ちょっと恥ずかしさもありますが嬉しいですね…!

――本田さんが編集に大きく携わったと聞いております。写真のセレクトはどんなふうに行ったのでしょうか。

【本田夕歩】こだわった部分でもお話したのですが、表情やポージングです!表情に関しては普段の自分だったら載せないものや、選ばないものも視野に入れて写真を選別させて頂きました。ポージングも見ている皆さんが飽きないようにポーズが同じものは選ばないなど、こだわっています。

――扉のページがいきなりピンクのウサギのコスプレで、可愛らしいですね。ウサギのカットを頭にもってきた理由を教えてください。

【本田夕歩】やはり原点であるコスプレから始まるのが、この写真集のテーマにも合っていると思い選ばせていただきました。何気なく始めたコスプレが、まさかここまで私を連れてってくれるとは思いもしなかったので。本当に物語の始まりと言っても過言ではありません。

――ページをめくるにつれて、グラビア色が強くなりますね。グラビアの撮影はいかがでしたか。

【本田夕歩】久しぶりのグラビアでとても緊張しましたが、慣れは怖いもので恥ずかしさも緊張も気づいたら無くなっていました。ただ、あまりキメすぎないように、あくまで自然にというところではポージングが難しくて1人で苦戦していたのも覚えています。

――写真集はどこで撮影したのでしょうか。日程やロケーションについて教えてください。

【本田夕歩】海がきれいな伊豆の素敵なホテルで撮影させていただきました!2泊3日だったのですがまさかのスイートルームで、1人きりは寂しかったです。ずっと寝室が拠点になってました。時期はほぼ冬に近い秋です。寒さよりも撮影のことが気がかりであまり気になっていませんでしたが、冬の海での水着はさすがに寒かったですね(笑)。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る