キャンプ場徹底解剖!「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」(岐阜県郡上市)|小さな子供連れや愛犬家も満足間違いなしのキャンプ場!

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

キャンプ場が多い岐阜県・中濃地域でも、最大級の敷地面積やサイト数を誇る「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」。平成初期に開業し、昨今のキャンプブームが訪れる前からこつこつとファンを獲得してきた。幅広い世代から長く親しまれているキャンプ場を現地取材し、その全貌を紹介する。

リピーターも多い「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

【ロケーション】ICすぐでアクセス抜群!自然豊かな明野高原に位置する

東海北陸自動車道・高鷲ICから車で約5分、「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」は、自然豊かな標高約800メートルの明野高原にある。高鷲ICの料金所を出て、最初のT字路で左折し、「やまびこロード」と書かれた道へ入って、あとは道なりに走れば着く。最初のT字路には大きな看板にキャンプ場の方向が示されているので、迷うことはないはずだ。

【キャンプサイト】広大な敷地に100サイト以上!ドッグランサイトも充実

「N.A.O.明野高原 キャンプ場&貸別荘」は、オートキャンプサイト、ペットと宿泊が可能な「わんこパラダイスオートキャンプ」、バンガロー、コテージ(貸別荘)、トレーラーハウスと、さまざまなスタイルで宿泊ができる。

【写真】オートキャンプサイトのF-1~F-4。大人数やグループでの利用に最適photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

天然林の地形を生かしたオートキャンプサイトはおよそ100サイトある。正確には100区画あるわけではないが、広いサイトはグループで利用でき、100組が宿泊しても全く問題ないほど広大だと思ってもらえればいい。

A-1は、木々に囲まれて周囲の視線があまり気にならないphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

ソロやデュオにおすすめのサイトから、車が3台停められるような広いサイトまで、サイズは多種多様。水場は共同での利用で、サイトによってはAC電源が付いている(サイト料金+別途1000円必要)。注意点を挙げるなら、ハイシーズンはサイトの指定が不可となる。テントの大きさや人数を考慮して自動的に決定されるが、子供連れならセンターハウスや遊具の近く、グループでの利用なら隣同士など、ちゃんとユーザーのことを考えて選んでくれるので、安心して予約しよう。

【ペット用サイト】200平方メートルを超えるVIPサイトも!「わんこパラダイスオートキャンプ」

また、ここは犬とキャンプがしたい人にはうってつけのキャンプ場で、ペットと宿泊が可能な「わんこパラダイスオートキャンプ」は約40サイトもある。通常サイトとVIPサイトの2種類があり、どちらも高さ90センチか120センチの柵付きで、車の乗り入れも可能。ハイシーズンは犬を連れたキャンパーで予約が埋まるほど大人気だ。

わんこパラダイスオートキャンプのVIPサイトA(手前)。AC電源付きで快適に過ごせるphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

ハイグレードなVIPサイトは、占有面積が200平方メートルを超えるほど広い。これなら犬も思い切り走り回ることができそうだ。VIPサイトのみハイシーズンでもサイトの指定が可能なので、愛犬と優雅な時間を過ごしたい人はこちらを選択しよう。

【バンガロー】3人タイプや5人タイプなど、人数に合わせて選べるバンガロー

由緒正しきフィンランドウッドを使って造られたバンガローは全23棟ある。グリーンデイズ(4月1日から11月30日まで)は3人タイプ、5人タイプ、8人タイプ、15人タイプの4種類で、ウィンターデイズ(12月1日から3月31日まで)は4人タイプのみ利用可能となる。

5人タイプのバンガロー。広さは8畳で、ベッドマットや電源付きphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

【コテージ】多彩なコテージは家族やグループでの利用にうってつけ!

プライベート感のある特別な休日を過ごしたい人は、個性豊かなコテージを選ぶのもおすすめだ。全25棟あり、6人タイプから30人タイプまで大きさはさまざま。トイレ、風呂、家具、寝具など必要なものが一式備え付けられていて、バーベキュースペースも完備。季節を問わず年中利用でき、家族やグループで最高の時間を過ごせる。料金は1棟1泊3万5000円〜9万3000円(上限額は時季により異なる)とかなり幅があるので、人数や予算と相談して決めよう。

貸別荘Wは1棟1泊3万9000円〜。8人用で、最大12人まで宿泊可能photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

2018年5月に完成した貸別荘W。1階がリビングや洗面所、2階に寝室があるphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

貸別荘Sは1棟1泊4万7000円〜。最大8人が宿泊可能photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

貸別荘Sの内観。大きな椅子やソファが用意され、大人数でもくつろげるphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

ちなみにトレーラーハウスは、センターハウスより約1.5キロ離れた「N.A.O.アミーゴバンガロー村」に2棟ある。ここにはバンガローもあり、冬はウィンタースポーツの利用者でにぎわう。センターハウスで受付をしてから移動しよう。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!六本木周辺のイルミ情報はこちら

人気ランキングも要チェック!

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

いちご狩りの人気スポットランキング

お花見ガイド

お花見ガイド

お花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

お花見・桜名所ランキングもチェック!

ページ上部へ戻る