キャンプ場徹底解剖!「有野実苑オートキャンプ場」(千葉県山武市)|収穫体験や農園レストラン、お風呂、クラフト体験…。楽しみ方自由自在のキャンプ泊が大人気!

2022年8月5日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

緑豊かな森と農園に囲まれた「有野実苑(ありのみえん)オートキャンプ場」。首都圏からは車で約90分という好立地ながら、きれいな空気と四季折々に移ろう自然を間近に感じながら過ごせるとあって、一年を通して人気の高いキャンプ場だ。その人気の理由を知るべく、現地を取材した。

「有野実苑オートキャンプ場」。きれいに整地されており、快適に過ごせそうな予感


【アクセス】都心から約90分、思い立ったらすぐ行ける好立地

「有野実苑オートキャンプ場」があるのは、千葉県山武市。東関東自動車道・酒々井(しすい)ICから約30分の距離。電車の場合、最寄りのJR八街駅から約8キロ、タクシーなら20分ほど、運賃は3000円前後で到着する。都心からのアクセスが便利なだけに、思い立った時に「明日、有野実苑に行こう」と気軽に利用できるのも大きな魅力。ちなみに、酒々井ICからの途中で食材を仕入れるなら、「ベイシアフードセンター八街店」が便利。キャンプ場からは車で15分ほどかかるので、事前に買い物してから向かうのがおすすめだ。

【写真】到着したら、いったん車は駐車場へ止めて受付へ

田んぼや畑が広がる土地を進んでいくと、「有野実苑オートキャンプ場」の看板が現れてくるので迷うことなく到着。受付のあるセンターハウス前には、その日の朝、収穫したばかりの野菜や果実が並び、とてもにぎやか。野菜や果実の収獲体験も行っているので、センターハウスで、今日は何が収獲できるのか聞いてみるのもいい。

キャンプのほか、収穫体験やイベント、お風呂などの受付もセンターハウスで行う

センターハウス前に並ぶ木の人形たちを発見。一体何かを受付で尋ねてみると、キャンプ場を守ってくれる木の妖精“コッフェルくん”だという。なんともかわいらしく、ゲストを迎えてくれる。

コッフェルくんは、山武杉から生まれた木の妖精。場内の至る所でみんなを見守ってくれているそう

ほかにも、センターハウスには飲み物や採れたて野菜、地元産の食材、キャンプ用品、虫取り網まで販売。シェラカップやスパイスなどのオリジナル商品も並んでいる。

薪、炭などの購入やキャンプ用品のレンタルもこちらへ


【コンセプト】造園業からキャンプ場へ。手作りの森が快適なキャンプを叶える

「有野実苑オートキャンプ場」は、関東エリアでは指折りの人気スポットだ。オープンしてから29年が経つと話してくれたのは、代表の鈴木章浩さん。
「もともとこの地で農業を行っていましたが、梨の果樹園や造園業を経てキャンプ場を始めました。ですがこの場所は、山なし・川なし・海なしと、キャンプ場としての魅力は“ないない尽くし”。あるのは梨の木だけで、アピールできることといえば、都心からのアクセスがよいことと、千葉の穏やかな気候の中で、安心してキャンプができることぐらいでした」

「プライベート感を大切に、年間を通して、快適に過ごせる造りになっています」と、代表の鈴木章浩さん

豊かな樹木が、隣との境界をうまく作ってくれていて、プライベート感◎!

「何もない」を逆手にとって鈴木さんらが作ったキャンプ場は、自然を感じられながらもとにかく快適。造園業の技術を生かした場内には、サクラやモミジ、クヌギ、ナラ、杉など、さまざまな種類の木々が植えられている。
「場内の木々は、1本ずつ植えて大切に育ててきたもの。今ではすっかり“森”になりました。落葉樹が多いので夏は木々が生い茂り、その下を風が通るので周囲よりも3度くらい涼しい環境を作り出してくれます。反対に冬には葉が落ちて陽がよく当たり、暖か。冬のキャンプもつらくありません。春のサクラや11月下旬からの紅葉を独占できるのも、ここでのキャンプの醍醐味です」

見上げれば、木々の間から気持ちのよい空。キャンプをしながら、お花見や紅葉を楽しめるのも贅沢


鈴木さんが、ぜひ体験してほしいと勧めるのは、野菜や果実の収穫体験だという。
「春にはタケノコ、初夏にはブルーベリーやタマネギ、そら豆、夏にはトマトやキュウリ、トウモロコシ、ズッキーニ、秋には落花生、冬にはいちごなど、年間を通して20~30種類を収穫できます。畑で採った旬のものをその場で食べてほしいですね」と鈴木さん。

農薬や化学肥料を極力使わず、キャンプ場内の落葉樹の落ち葉で堆肥を作ったり、焚き火の灰を石灰として有効利用するなどして、独自にブレンドした肥料を使用

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全37枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る