【夏の自由工作】ラップの芯で作る万華鏡【小学校高学年向け】

最終更新日:

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

子供たちの夏休みまであと1カ月ほど。お休みの間に体験させてあげたいことが目白押しの一方で、自由工作に頭を抱える保護者も多いのではないだろうか。子供の“やりたいこと”が明確でない場合、親は自由工作を監修する必要が出てくる。夏休みを有意義に過ごすためにも、できるだけ手軽に作れて見栄えのいい工作のアイデアはたくさんあった方がいい。


今回は夏の自由課題のド定番、万華鏡の作り方を紹介する。定番だけにキットも数多く発売されているのだが、すべて1から手作りすることも可能。手間がかかっているように見えるわりに、想像よりも簡単に作れるのが魅力だ。

今こそ「いつか使うかも」と取っておいたラップの芯の出番!今時の子供たちが「すごい!」と驚く、万華鏡の作り方


改めて説明するまでもないが、万華鏡とは覗き穴の向こう側に仕込まれたキラキラパーツを、筒の中に貼り合わせた小さな鏡に映りこませ、眺めて遊ぶ昔ながらのアナログおもちゃだ。駄菓子屋や温泉地の土産物店などで見かけるので、日本の伝統玩具だと思い込んでいる人も少なくなさそうだが、1816年に“偏光角”の研究をしていたスコットランドの科学者が、副産物的に見つけたのがその始まり。翌年に特許が取得され、その2年後の1819年には江戸時代の日本で売られていたというから驚きだ。

また、「子供の工作用に」と食品ラップの芯を保管しているのなら、出番はまさに今。トイレットペーパーの芯や牛乳パックでも代用可能だが、ラップの芯はずば抜けて硬く、ほどよい筒の太さで、デコレーションし甲斐がある。完成度を高めるためにも、ぜひラップの芯で作ってみてほしい。

万華鏡作りの難しい部分といえば、紙製ながらまるで木材のように硬いラップの芯を適度な長さにカットする必要があることと、カットできるミラー状のペーパーが近所で売られているようなものではない、ということ。刃物を使う工程もあるため、低学年の子供が作る場合は保護者が危険な部分を担当してあげてほしい。また、記事の作成にあたって実際に使った材料の商品名、それに合わせた細かな寸法も開示していく。

<準備するもの>
・食品ラップの芯
・ミラー状の薄い紙
・クリアケース
・ビーズやスパンコール
・ビニールテープ
・黒画用紙
・のり
・折り紙やラッピングペーパー(デコレーション用)

【写真】仕上がりまでの工程を写真で詳しくチェック!

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全21枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!花火大会人気ランキング

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る