キャンプ場徹底解剖!「FREE AND EASY CAMP RESORT」(三重県菰野町)|写真映えするおしゃれキャンプ場。初心者や愛犬家にぴったり

2022年9月1日 12:53更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

三重県菰野町にある複合温泉リゾート「アクアイグニス」の隣接地に、2022年8月10日にオープンした「FREE AND EASY CAMP RESORT」。運営会社はLED照明やキャンピングトレーラーなどの事業を展開しており、その強みが存分に生かされたキャンプ場だ。さらに、敷地内にはチェーンソーカーヴィングやグラフィックアートなどが点在。完成したばかりの施設を見て回り、細部までしっかりとチェックしてきた。

イルミネーションやチェーンソーカーヴィングが配置された杉林の中にサイトが点在

【ロケーション】ICから車で5分!関西からも東海からもアクセス良好

日本の東西をつなぐ大動脈の1つである新名神高速道路の菰野ICから車で約5分。ICを出たら右折して西へ向かい、山側からぐるりと回りこむように進むとキャンプ場の入口が見えてくる。東名阪自動車道・四日市ICからも車で約15分だが、湯の山街道と呼ばれる国道477号線は混雑するので注意したい。

かわいらしいキャラクターがお出迎え。奥に見える白い建物がセンターハウスとウェアハウスphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

高速道路の高架橋のすぐ下あたりに駐車場があり、キャンプ場利用客は予約優先スペースに駐車できる。施設の裏手には御在所岳を水源とする三滝川が流れ、高架橋をくぐった向こう側には、温泉施設と有名シェフが手掛けるレストラン、カフェなどが集まった「アクアイグニス」がある。

【キャンプサイト】テント泊、RV泊、トレーラー泊が可能

サイトはテント泊ができるフリーテントサイト、RV泊ができる電源付きRVサイト、トレーラー泊ができるX-cabinトレーラーサイトの3種類。手持ちのキャンプ道具や宿泊スタイルによって選べる。

フリーテントサイト

フリーテントサイトは、芝生で覆われたエリア内のどこでも好きな場所に設営可能。設営時も車の乗り入れはNGだ。テント1張、タープ1張を設置でき、利用スペースの目安を1組あたり10メートル×10メートルとして最大で約9組まで受け入れる。エリア内は焚き火台と焚き火シート(センターハウスでも1500円で販売)を利用すれば焚き火もできる。目の前には炊事場やトイレ、シャワールームを備えるフォレストハウスがあり、使い勝手がいい。

【写真】フリーテントサイト。フォレストハウスは手前側にあるphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

施設の裏手を流れる三滝川photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

電源付きRVサイト

電源付きRVサイトは全部で13区画。アスファルトで舗装された駐車スペースと、カーサイドタープなどが張れる人工芝スペースで構成されている(区画によりレイアウトは異なる、ペグダウンは不可)。駐車スペースに隣接した範囲内でフリーテントサイトにもテントを張れるので、車中泊もテント泊も可能。それぞれの区画でAC電源(15アンペア)が利用できる。

アスファルト舗装されたRVサイトphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

仕切りもなく隣接している電源付きRVサイト(写真手前)とフリーテントサイト(写真奥)photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

この記事の画像一覧(全31枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る