アレンジ自在!レッグウォーマーの最新“着こなし術”

2009年12月5日 9:46更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

80年代ルックが人気の今季、ダンサーファッションから流行となった“レッグウォーマー”が、“オシャレアイテム”として再燃している。人気の理由は、暖かさと幅広く着回せること。そこで、その“着こなし術”を探ってみた。

有名靴下ブランド「靴下屋」プレスの中村さんによると、レッグウォーマーの着こなし方は大きく分けて3つある。

1つ目は、以前流行したルーズソックスのように「クシュクシュとたるませて履くスタイル」。ふくらはぎを隠しつつ“かわいさ”が演出できるということで、街では“クシュクシュ女子”が急増中だ。ロングサイズのレッグウォーマーを2重に折り返して、内側をブーツにIN、表側をブーツの履き口に被せて、クシュッとボリュームを出すカジュアルな履き方も人気。異素材同士を重ねた2枚使いで、上級者テクニックを披露するのもアリなのだそう。

2つ目の着こなし方は「レッグウォーマーを目いっぱい伸ばすスタイル」。ミニスカートやショートパンツに合わせれば、ニーハイソックスのように見せることができ、反対にロングスカートやハーフパンツなどを合わせれば、レギンス風にアレンジも可能だ。

3つ目の着こなし方は「レイヤードスタイル」。柄ものや無地のタイツに、レッグウォーマーをクシュクシュ重ねるのが新しいトレンドだ。ちなみに、珍しい使い方としては、“レッグ”にこだわらずアームウォーマー風に腕を通すのが新鮮。

思い思いの着こなしを楽しむことができるレッグウォーマーだが、このブームは“不況”の影響も理由のひとつのよう。前述の中村さんは、「例えば、新しいブーツを買わなくても、安価なレッグウォーマーを1つ買ってアレンジするだけで、新しくブーツを買ったように演出できるんですよ」と話す。“お金をかけずにオシャレができる”ことが、時代のニーズにマッチしているのではないだろうか。

新しいシューズを買わずとも新鮮な気分を味わえ、冷え性に悩まされる女性の強い味方にもなる、あったかキュートなレッグウォーマー。柄や素材もバリエーション豊かに展開されているアイテムなので、ぜひ自分流の着こなしを見つけて、いつものコーディネートに加えてみてほしい。【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全16枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る