【アイドルWalker・神奈川編】ダンス&ボーカルグループIVVY・KENTO.i「俺の半分は横浜でできてます!」

2022年8月26日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
IVVYのKENTO.iが優雅に水上タクシーを楽しむ! 撮影=booro/ヘアメイク=望月光/スタイリスト=ホカリキュウ/撮影協力=SUITAKU

誰もが特別な思いを持っているであろう、生まれ故郷に対する“ジモト愛”を語るインタビュー連載・アイドルWalker。2022年1月に3人の新メンバーを迎え、パワーアップした今注目の男性グループ「IVVY(アイビー)」のメンバーを1人ずつ特集していきます。5人目に登場してくれるのは、ステージ上で力強いラップを披露するKENTO.i。横浜の美しい港と街並みをバックに、アツい“横浜愛”を語ってもらいました!

育ったのも、遊んだのも、練習してたのも全部横浜!

【写真】水上タクシー「SUITAKU」に乗り込むKENTO.i 撮影=booro/ヘアメイク=望月光/スタイリスト=ホカリキュウ/撮影協力=SUITAKU

――地元・神奈川で過ごした青春時代の思い出は?

休みの日とかによく地元の友達と遊びに来ていた、横浜が思い出深いです。横浜って、1日中いられるんですよ。10時くらいに集合して、まずは中華街で食べ歩き。90円くらいの小さな肉まんがあって、それは絶対に食べます。その後は山下公園でゆっくり過ごしてから、横浜ワールドポーターズでプリクラを撮ったりショッピングを楽しみつつ、暗くなったら赤レンガや大さん橋に行く…みたいな流れが自分の中で決まってるくらい、行きまくってました。最初にこの企画を聞いた時も、すぐに横浜が浮かびましたね。「ここしかねぇ!」って(笑)。

あとは、ずっとサッカーをやってたんですけど、みなとみらいに「マリノスタウン」っていう練習する場所があったので、そういう意味でもゆかりのある場所です。育ったのも、遊んだのも、練習してたのも全部横浜。もう、俺の半分は横浜です!(笑)

――アーティストを目指す前は、かなり本格的にサッカーをやっていたそうですね。

サッカーは幼稚園の年中から始めて、そこからずっと打ち込んでました。小学生ではナショナルトレセン(日本代表)までいって、中学の時には川崎フロンターレのジュニアユースに所属していたので、ひたすらサッカーしかしてませんでした。

横浜で過ごした青春時代について語ってくれました 撮影=booro/ヘアメイク=望月光/スタイリスト=ホカリキュウ/撮影協力=SUITAKU

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

この記事の画像一覧(全16枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る