「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」の見どころを徹底紹介!グッズやカフェメニューもチェック

2022年12月1日 17:10更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

90年代に社会現象を巻き起こした 「美少女戦士セーラームーン」 は、幅広い世代に愛され、いまだに色褪せることのない少女漫画の金字塔。そんな本作の連載30周年を記念した 大展覧会「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」 が、2022年12月30日(金)まで、六本木ミュージアムで開催中だ。

【写真】セーラー戦士10人が勢揃いした圧巻のイラストなど、武内直子氏描き下ろし原画の展示は必見!


今回は、「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」の見どころやアクセスなど、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やイベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。詳細は公式サイトでご確認ください)

【見どころ1】原作者描き下ろしの新作や初公開原画が多数お目見え!

2016年に開催された「セーラームーン展」から、規模も内容もすべてがパワーアップした「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」。目玉はなんといっても、本展のために原作者・武内直子氏が描き下ろした新作原画。セーラームーンやセーラー戦士10名が集合した、貴重な新作原画が展示されている。

武内直子氏描き下ろし原画は、会期を通して観覧できる


原画展示コーナー「セーラー・クリスタル・ギャラリー」では、「なかよし」連載当時から現在に至るまでの美しいカラー原画の中から選りすぐりの作品を展示。初展示のカラー原画も観覧することができる。大展覧会は7月1日~9月4日(日)、9月10日(土)~11月6日(日)、11月12日(土)~12月30日(金)の3期制。本展のための描き下ろしを除くカラー原画は、会期ごとにすべて入れ替わる予定なので、何度も足を運びたくなること請け合いだ。

クリスタルが降り注ぐような幻想的な空間の中、美しい原画の数々を楽しめる


【見どころ2】600点を超える秘蔵資料や、新手法のホログラム展示も

作品の世界へと誘ってくれる「没入型体験シアター〈セーラー・プリズム・シアター〉」

会場には、カラー原画のほかにも魅力的な展示がいっぱい。大スクリーンの映像と特殊効果により、訪れた人をセーラームーンの世界へと誘う「没入型体験シアター〈セーラー・プリズム・シアター〉」や、第1部~第5部の漫画の名シーンをきらめくホログラム展示で壁一面に掲載した“ホログラム原稿展示”など、心揺さぶる展示が続く。

見る角度によってさまざまな表情を見せてくれる、新手法のホログラム展示


また、90年代から最新作までのアニメシリーズの設定資料や絵コンテ、変身グッズやフィギュアなどの玩具、ミュージカルで実際に使用された貴重な衣裳など、600点を超える秘蔵資料を一堂に集めたコレクション展示も必見!作品を楽しんでいた当時を思い出しつつ、新しい魅力も感じることができる内容となっている。

ミュージカルで実際に使用された貴重な衣裳も展示

  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全36枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る