【アイドルWalker・神奈川編】VOYZ BOY・一ノ瀬茉騎「僕の背中を見て、故郷の子供たちに夢を持ってほしい」

2022年9月6日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

生まれ故郷“ジモト”には、誰もが特別な思いを持っているはず。出身都道府県別にアイドルたちが全国各地のジモト愛を語るインタビュー連載、アイドルWalker。この神奈川編で登場してくれたのは、8月から定期公演もスタートさせて、ますます注目度がアップしている総勢24名の次世代ボーイズグループ・VOYZ BOYからTHE PINK by VOYZ BOYの一ノ瀬茉騎くん。

VOYZ BOY・一ノ瀬茉騎くんと横浜中華街で出会ったら…?撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

横浜で生まれた彼は、各地を転々として育ったという。そして再び横浜に戻り、青春時代をこの地で過ごしたとか。今回は、高校時代の思い出が詰まった横浜中華街でお買い物&中国茶を楽しむ彼を激写!リラックスした表情も美しい、彼とのデート気分を楽しんで♪

転校ばかりだったけど、横浜には深い思い出があるというVOYZ BOY・一ノ瀬茉騎くん撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

――まずは、生まれ故郷だという横浜への思い入れを教えてください!

「実は僕、生まれてこのかた、あちこちに引っ越していたので、『自分の故郷はここ!』っていう場所が、はっきりしていないんです。生まれたのは横浜で、2、3歳頃まで暮らしていました。そのあとは、同じ神奈川県内でも数カ所に住んだことがあるし、東京や和歌山、ベトナムにもいたんですよ。小学校、中学校ともそれぞれ3校ずつ通ったので、転校生としては“歴戦の猛者”ですね(笑)。中学校の途中で神奈川県内の児童養護施設に入所してからは、高校卒業までの数年間そこに落ち着いたので、友達と遊ぶ時によく来ていたのは横浜でした。中学高校時代の青春の思い出は、今でも鮮明に自分の中に残っています」

撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

――青春の地だったんですね。そんな横浜の自慢できるところは?

「やっぱり、横浜の自慢は神奈川県の中でも一番栄えている都市ってところ!東京と隣接していることもあって、いつでも人が多くて賑やかですよね。ちょっと寂しい時や落ち込んでいる時でも、横浜に来たらなんとなく元気になれるような、いつでも華やいでいる街だなって思います!」

撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

撮影=本多晃子/取材・文=本嶋るりこ/撮影協力=萬來行 横浜中華街大通り店

――学生時代は、本日のロケ地、中華街にも来ていましたか?

「もちろんです。友達と遊びに来きていました。土日に『軽く出かけよう!』って時によく来ていました。主においしいものを食べに来てました(笑)。中華街に来たら、絶対に肉まんを食べますね。店頭でふかしたてのを買って、それを食べながらあてもなく歩いて。近くの港沿いには公園もあるので、そっちの方まで行くこともありました。僕、散歩が好きなので。今でも遊びに来ることがありますよ!」

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全18枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る