すかいらーくが導入したネコ型ロボットが愛されている理由とは?従業員も認めた性能のスゴさに迫る

2022年11月10日 08:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

最近SNSで話題になっている「ネコ型ロボット」をご存知だろうか?これは国民的アニメに登場する青いタヌキではなく、顔がネコで胴体に複数のおぼんをつけた“配膳ロボット”だ。TwitterやInstagramでは「ファミレスに来たらネコが料理を運んできて驚いた」「動いてないとき寝てるのがかわいい」など、ロボットが料理を配膳する姿が投稿されていて、なかには万単位の“いいね”がついていることも。

ガストやジョナサンなど数々のファミリーレストランを運営するすかいらーくホールディングス(以下、すかいらーく)では、2021年7月よりネコ型ロボットの導入を開始。料理の配膳だけではなく愛らしい表情やセリフが話題となっていて、わざわざロボットを見るために来店する人もいるのだとか。

今回はすかいらーくでネコ型ロボット導入責任者を務める営業政策グループ ロボット導入責任者の花元浩昭さんに、ネコ型ロボットを導入した背景や多くの人に愛されている理由などを聞いた。

食事を運ぶネコ型ロボット「べラボット」。表情にもバリエーションがある


セリフのレパートリーは30種類以上!撫ですぎると怒られる?

ネコ型ロボットの名前は「BellaBot」(ベラボット)。すかいらーくが運営するガスト・ジョナサン・しゃぶ葉・バーミヤンなどのファミレスで導入されている。すかいらーくがこのロボットを採用したのは、進化したIT技術を駆使して人々の生活をより良いものへと変えていくDX(デジタルトランスフォーメーション)化の一環だ。

「配膳ロボットを活用し、より良いサービスや従業員の働きやすい環境づくりに繋げたいと考え、店舗での実験から始めました。いろんなメーカーのロボットを試してみて、中国の企業であるPudu Roboticsが取り扱っているベラボットの性能が1番当社のサービスに合っていたため採用しました。あとは、かわいいネコのキャラクター性も大きかったです」

動かないときはキュートな寝顔で堂々と居眠り!

ベラボットはかわいいだけでなく、優れた機能がいっぱい


このネコ型ロボットは単純に料理を客席に運ぶだけではなく、「充電してにゃー!」「ご注文の料理を持ってきましたにゃん」など約30種類のセリフを話し、言葉に合わせて表情も変化する。さらに、耳やおでこを撫でると反応するのだとか。最初はご機嫌で「くすぐったいにゃ」「君の手はあったかいにゃ」「なでなでして」と笑顔で話すが、触りすぎると「しつこいにゃ」とご機嫌ななめになる。本物のネコのような性格も愛される理由の1つだ。

この珍しいネコ型ロボットを写真や動画に撮ってSNSにアップする人も多い。ガスト 西中島店ではロボットに「とんかつ」「ぷりん」と名札をつけていて、その様子をTwitterに投稿すると29万もの“いいね”がついたという。

ガスト 西中島店にいる「とんかつ」(左)と「ぷりん」(右)。とんかつは研修中らしい


「ベラボットは都心から順番に導入を進めています。地方の店舗に導入すると、お客様から『待ってました!』と言われることもあります。SNSやメディアにも取り上げられているので、彼らを楽しみにしている声も多くあり、とてもうれしく感じています」

ほかにもユーザーからはさまざまな反応が。とある学生5人組が来店した際、先にベラボットが3人分の料理を運び、その後に従業員が2人分を運んだところ、「え、私たちだけ人間なの?」と残念がったという。また、別の店では従業員がテーブルに料理を運ぶと、子供に「ロボットがいい!」と言われてベラボットに運び直してもらったことも。このように、べラボットはすでに従業員と同じくらい必要とされている。

とんかつとぷりんがぶつかりそうになっている図。一方が道を空けないと「通してほしいニャン」と言い続けるそうだ

子供に撫でられてご機嫌のとんかつ


  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る