『美女と野獣』ベル役のエマ・ワトソンがリアルなフィギュアに!

2017年5月31日 9:30更新

東京ウォーカー(全国版) Raira

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

映画『美女と野獣』より、1/6スケールフィギュア「ベル」(3万2000円)が登場。2018年2月の発売を予定している(受注予約受付中)。

ホットトイズ社製「ムービー・マスターピース」『美女と野獣』ベル

ホットトイズ社製「ムービー・マスターピース」『美女と野獣』ベル
(c) Disney

すべての画像を見る(6件)

今回、世界中で人気を博している女優エマ・ワトソンが演じるヒロイン、ベルが忠実にフィギュア(全高約26cmの1/6スケールフィギュア)として立体化された。ホットトイズが誇るハイクオリティーな造形技術によって、約26箇所が可動する。

優しく微笑んだ表情が印象的なヘッドは、演じるエマ・ワトソンの肖像権をクリア。メイクや皮膚の質感などを再現すべく、ひとつひとつハンドペイントによる塗装が施されている。

ベルの象徴ともいえるイエローのエレガントなドレスは、ディテールや素材にこだわり抜き、質感をも忠実に再現。ネックレスやハイヒールなども、抜かりなく造り込まれている。

また、アクセサリーとして、キーアイテムである魔法のバラが付属。手に持たせることができるものと、ドームケースに入った状態のものの2種となっている。

さらに、野獣と同じ呪いをかけられてしまった城の仲間たち、ルミエール、コグスワース、ポット夫人、チップ、プリュメットも付属。多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、ベルが劇中で魅せる印象的なシーンを、自身の手で演出することが可能だ。

ちなみに、円型の台座は、ダンスホール中央の床模様がデザインされた特別仕様となっている。【ウォーカープラス編集部】

この記事の画像一覧(全6枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る