全種類の“樽生ヱビス”が集結! ヱビスビール専門バーがオープン

2009年12月9日 14:11更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ビール好きにとっては聖地ともいえる“ビヤバー”。銀座にも名店と呼ばれる店が多く存在するが、12/9、銀座コリドー街にヱビスビール専門のバー「YEBISU BAR」の1号店がオープンした。「樽生ヱビス」全種類に加え、数量・期間限定の“レア・ヱビス”も飲めるというビヤバーだ。

「YEBISU BAR」で飲める生ビールは、おなじみの「ヱビスビール」(350ml・550円)に加え、クリスタル麦芽を使用した「琥珀ヱビス」(330ml・550円)や、クリーミーな泡が特徴の「ヱビススタウト クリーミートップ」(400ml・650円)など、全5種類。加えて、オープンから1か月程度は数量・期間限定の「ヱビス<ザ・ホップ>」も飲めるという。

他店ではなかなかお目にかかれないヱビスビールが味わえる同店だが、フードへのこだわりもハンパではない。

例えば、飲み口がビターでさわやかな黒ビールの「ヱビス<ザ・ブラック>」(350ml・550円)には、「やわらか<ヱビス>のスペアリブ」(880円)や「おつまみサーロインステーキ」(1280円)といったように、すべてのフードがいずれかのビールに対して相性のいい料理として提案しているのだ。

「あくまで主役は“ビール”。おつまみに合ったビールを選ぶのではなく、ワインのように、ビールに合ったおつまみを楽しんでください」とは、「サッポロライオン」の広報。フードにもアクセントとしてヱビスビールを使用するなど、各ビールとのマッチングには、相当こだわったのだとか。

ビール好きにはたまらない「YEBISU BAR 銀座コリドー街店」。明るく入りやすい店内や、平均予算3000円とリーズナブルな価格も相まって、年末の新橋ビジネスマンにどう受け入れられていくかが楽しみなところだ。 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全20枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る