大阪・福島「スパイスカリー 大陸」世界各国を放浪した店主が作るワールドワイドな次世代カレー

2017年6月19日 15:15更新

関西ウォーカー 惣元美由紀

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

大阪でブーム加熱中のスパイスカレーの名店を紹介するWEB連載「大阪スパイスカレー名店ファイル」第13回は大阪・福島の人気店をご紹介します!

今回紹介するのは、大阪・南森町で人気を博した「スパイスカフェ てん」の店主・アチャコさんが、世界放浪を経て再始動した「スパイスカリー 大陸」。店を始めるきっかけや3年の沈黙を破り、店名も新たに福島で復活に至った経緯などを聞いてみた。

世界放浪を経て、たどり着いた大陸的ひと皿で復活!

大陸カレー(950円)。巧みなスパイス使いが好評のカレーは、豆やチキン、キーマの3種がそろう

全ての画像を見る(4件)

『2013年に閉店した南森町の伝説のカレー屋“スパイスカフェ てん”が「スパイスカリー 大陸」に名前を変え、福島に復活いたします! カレー屋閉店後、世界を旅した店主がたどり着いた次世代の決めカレー=スパイスハーブのフレッシュな風味と肉の旨味、野菜と豆の甘みと酸味、その全てが混ざり合う大陸的ひと皿をどうぞ』と書かれた店頭の看板。大陸的ひと皿って、どんなカレーなんだろうと心がくすぐられる。 “スパイスカフェ てん”を閉めてから、ヨーロッパを中心にモロッコやサハラ砂漠、東南アジアなどを2か月にわたり旅をした店主のアチャコさん。福島で復活させた新しい店のカレーに各国で出合ったおいしい記憶を詰め込み、ワールドワイドなひと皿を完成させた。世界各国のいいものを取り入れたカレー、それが「大陸カレー」だ。アフリカのクスクス、インド風のスパイス炒め、野菜のマリネ、韓国風惣菜など約10種の副菜が彩りと味にアクセントを添える。2016年6月に再始動した際は、週3日営業だったが、あまりの人気に現在は休みなし。平日は20:30まで、週末は16:30までと営業を拡大し提供している。

流れのままに身を任せたら

「南森町時代から人気だったキーマも進化し、よりおいしくなりました。カレーの後に合う自家焙煎のコーヒーもぜひ!」店主のアチャコさん

アチャコさんのカレー作りは、玉造にあったカフェのオーナーから営業不振脱却のための相談を持ちかけられたことから始まる。その時は軽い気持ちで「看板メニューとしてカレーでも出したら?」とアドバイスをしたそう。しかし、言ったもののアチャコさん、カレーを作ったことがなかった。そこで、カレー店を食べ歩きカレー作りの研究を始めた。流れのまま、そのカフェで3年間カレーを作り、「南森町に物件があるからカレー店をやってみないか?」という話に、流れのまま南森町で独立。2年後、立ち退きの話が出たので、玉造の店は手造りだったので思い入れはあったものの流れのまま受け入れて店を閉めた。ちょうどそのころアチャコさんは、5年以内にスパイスカレー店は飽和状態になると予想していたそう。そうなった時に自分の店“てん”が10年後もあるかどうかと考えた時、答えは“ノー”だった。カレーとは一旦“おさらば”を決め、旅に出た。

世界放浪の旅を終えて、始めたのはカレー店ではなく…

「スパイスカリー 大陸」は「芥川珈琲」で営業。築100年以上の家屋を改装したゲストハウスに併設されている

世界各国を巡りながらずっと考えていたのは「10年できる店は何か」ということ。そこで出合ったのがピザ(南仏)。店を手伝い、厨房に入ってピザの作り方や技を身に付けた。日本に戻って始めたのが、石窯作り。1年間の準備期間を経て、奈良にピザ店をオープンさせた。っが、ふつふつとカレーを極めたいという気持ちが湧いてきたそうだ。「僕はアマノジャクなもんで(笑)」とアチャコさん。すると福島に空き物件があるという話が入ってきた。今まで、物件を探したことがなく、いつもタイミングよく話が舞い込んでくるそうだ。

福島に店を構えるにあたって、アチャコさんは3日間福島を歩き回り、この街に何が必要なのかを考えた。回って見えてきたのがカフェとカレー店があまりないこと。そこで、自家焙煎の香り高いコーヒーを提供する“芥川珈琲”と“スパイスカリー 大陸”をひと所にオープンさせた。コーヒー店はアチャコさんにとっては新しい試み、そして「大陸カレー」は、今まで培ってきた集大成といえるのかも知れない。

これから先、なにか新しい計画があるのかを聞いてみた。今考えていることは、スパイスを車に詰め込み、アッチャコッチャ日本国内を巡る旅がしたいそうだ。旅をしながら人と触れ合い、そして地元食材とスパイスのコラボ料理を作って回る国内放浪の旅。素敵な人たちとの出会いからおいしいレシピが生まれ、世界放浪の旅から戻ってきた時のように、私たちの舌を楽しませてくれることを大いに期待したい。

※本連載はムック「KansaiWalker特別編集 関西カレー’17新時代!」(現在発売中)の発売を記念した連載記事です。大阪スパイスカレーの名店・新店を多数紹介した本です。ぜひ興味のある方は書店・コンビニでチェックしてください。

【関西ウォーカー編集部/ライター惣元美由紀】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード