テーマはパリジェンヌ! セントレジス大阪の新デザートブッフェ

2017年6月13日 20:44更新

関西ウォーカー 小笠智子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
ブッフェ台にはさまざまなスイーツが並ぶ

ブッフェ台にはさまざまなスイーツが並ぶ

デザートブッフェ「パリジェンヌ」がセント レジス ホテル 大阪で6月2日からスタートしました。

用意されたスイーツはすべてホテル内での手作り

用意されたスイーツはすべてホテル内での手作り

見た目も美しいトリコロールスコーン(写真上)

見た目も美しいトリコロールスコーン(写真上)

シャンゼリゼ通りでショッピングを楽しむ大人女子の休日をイメージしたという当ブッフェには、エクレアやマカロン、オペラなど、フランスの代表的な洋菓子のほか、バッグやハイヒールなどをモチーフにしたケーキやムース、トリコロールカラーのフランス国旗やエッフェル塔をイメージしたクッキーなど、女性なら心くすぐられるアイテムのスイーツも勢ぞろいしています。

白いバッグに見立てられたライチムース

白いバッグに見立てられたライチムース

そんな見た目可愛いスイーツの中から、編集部が気になったのは次の2品。1品目はホワイトのカバンをあしらった「ライチムース」。「こんな清楚なカバンで旅に、麦わら帽子をかぶってできればパリに行きたい!」、想像をかきたてる一品です。お味は、ホワイトチョコレートでのデコレーションですが、ライチのほのかな甘酸っぱさがホワイトチョコの主張を緩和。さっぱりとした味わいでした。

カラフルなオペラ

カラフルなオペラ

2品目は定番の「オペラ」。上に添えられたチョコレートがピンクや黄色など、ポップな色合いが並び、そのカラフルさに思わず手を伸ばしてしまいました。こちらもしつこくないあっさりとしたチョコレート味で、いくらでも食べられそう!食べ過ぎにはご用心を。

凱旋門へとつづく道には人々が表現される細かい演出も

凱旋門へとつづく道には人々が表現される細かい演出も

シャンソンやフレンチポップスが流れる店内は、凱旋門のオブジェが飾られていたり、その凱旋門に続くお菓子に囲まれた路には、行きかう人々が表現されていたりと、ディスプレイもかなり凝ったフォトジェニックな空間に。行かれたときにはぜひ写真を撮ってみて下さい。

トリコロール色のウェルカムドリンクはカルピス味でとっても美味しい♪

トリコロール色のウェルカムドリンクはカルピス味でとっても美味しい♪

セントレジスのロゴが入ったアイスクリーム

セントレジスのロゴが入ったアイスクリーム

ほかにも、トリコロール色のウェルカムドリンクや、セントレジスのロゴが入ったことで気品(!)を感じるバッグ型アイスクリームの提供などもあり、あらゆるところで優雅さや贅沢な気分に浸ることができるデザートブッフェでした。女性ならば絶対おすすめです!

なお、トリコロールカラーの服装で行くと素敵なプレゼントがあるのだとか。ぜひトリコロールカラーでお洒落して行ってみてくださいね。

開催期間は9月30日(土)までの金曜、土曜、日曜、祝日。時間は15:00~17:00の2時間制で、料金は4800円(税・サービス料込)。

【関西ウォーカー編集部/小笠智子】

この記事の画像一覧(全21枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る