上野動物園のパンダ・シャンシャンにありがとう!おてんばショットを一挙公開

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ブログ「毎日パンダ」で話題の写真家・高氏貴博氏が厳選したベストショットをコメント付きで紹介しているウォーカープラスの連載企画“上野パンダ便り”。今回は、2023年2月21日に上野動物園(東京・台東区)から中国へ返還されるシャンシャンの思い出の写真をプレイバック!赤ちゃん時代から現在に至るまでの約5年半の中から印象的な38枚を選び出し、高氏さんのインタビューとともにお届けする。

お庭で初雪を体験。ちょっとしか降らなかったけどザクザクした感触はどうだったかな?


――1月20日は、シャンシャンの自由観覧の最後の日だったそうですが、上野動物園はどのような様子だったのでしょうか。

検疫のためお庭での展示はこの日で最後。なんと3時間待ちの長い行列だったという

【高氏氏】1月20日は、開園前から動物園に長蛇の列ができていて、観覧も約3時間待ちとかになっていました。自由観覧が終了になる10日前くらいから、動物園には朝5時から並んでいるファンもいて。開園前に4時間待って、観覧で3時間待って、観覧したらまたその後に並び直して…なんてことも。並び直してやっとの思いで観覧したけれどシャンシャンは寝ていた…ということもありました。今後の観覧は、2月19日までは抽選制になるのですが、倍率がすごいだろうなと思います(※2月9日時点で応募は終了)。

――約5年前の公開間もない頃のシャンシャンに、どんな印象を持ったか覚えていますか?

【写真】公開間もない頃のシャンシャン。まるでピンク色の毛玉のようにホワホワしていた

【高氏氏】まるでピンク色の毛玉のようでホワホワしていました。シャンシャンはおてんばで、ボールみたいにまるまってコロコロしていたり。歩行の途中に、ゴロンと一回転したりしていました。そして、たまにスイッチが入ると“小暴れ”するんです。テンション高めに走り回って、転がり回って…。

ボールみたいにまるまってコロコロ。たまにスイッチが入ると小暴れする


“小暴れ”は、何かが気に食わないときと、楽しく遊んでいそうなときと2パターンありました。ときにはおてんばが過ぎて、木の上でひっくり返ってそのまま落下することもありましたね。よく落ちていますが、シャンシャンの中で「これくらいなら落ちても大丈夫だろう」というリミッターがあるみたいです(笑)。落ちたら悔しがったりしていて、急に怒り出すこともありました。

ときにはおてんばが過ぎるくらい。木の上でひっくり返ってそのまま落下することも


――シャンシャンがお庭で初雪を体験したときの写真がありますが、それはいつのものですか?雪を怖がっていませんでしたか?

【高氏氏】これは、1歳未満でお庭デビューした頃の赤ちゃん時代の写真です。うれしそうに走り回ったり、雪で遊んだり。怖がってはいなくて、好奇心旺盛なシャンシャンでした。

――1歳のお誕生日を記念してプレゼントされたというハンモック、通称“シャンモック”に乗って、ゆらゆら揺れているシャンシャンもかわいいですね!

【高氏氏】動物園の常連が“シャンモック”と呼んでいるんですが、“シャンモック”には最近もよく乗っていましたよ。気が向いたら乗っかるという感じです。

1歳のお誕生日を記念してプレゼントされたハンモック。通称“シャンモック”に乗ってゆらゆら

お庭の“シャンモック”。まだ小さかったのですっぽり入ると顔しか見えなかった


  1. 1
  2. 2
  3. 3

この記事の画像一覧(全38枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る