東京ディズニーランドの散水パレードで夏を満喫!笑っちゃうほど濡れる“びしょ濡れプログラム”って!?

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

2023年7月4日から9月6日(水)までの期間、夏の暑さを吹き飛ばすさまざまな“びしょ濡れプログラム”を実施している東京ディズニーリゾート。東京ディズニーランドのパレードルートでは、ディズニー映画「ベイマックス」による新規散水プログラム「ベイマックスのミッション・クールダウン」が実施されているので、そのイベントの様子を紹介!

東京ディズニーランドの散水プログラム「ベイマックスのミッション・クールダウン」


東京ディズニーランドの「ベイマックスのミッション・クールダウン」(※約30分/1日3回)は、映画「ベイマックス」に登場するケア・ロボットのベイマックスが、夏の暑さからゲストを守るために繰り広げるプログラムだ。

暑さによって低下したゲストの“エナジーレベル”を上昇させるミッションを任せられたベイマックスは、思わず踊りたくなるような、明るく軽快な音楽と共に登場!

軽快な音楽&ミストと共に登場したベイマックス。フロートにはさまざまな実験器具が乗っている

ゲストが“ずぶ濡れ”になってしまうポイントもあり


そして、涼しいミストを撒きながら、ケアが必要なエリアをリサーチ!ゲストの“エナジーレベル”が著しく低下しているエリアを検知すると、フロートは停止し、大量の水を放っていく。

ベイマックスが、夏の暑さからゲストを守る!

「まだまだ水が足りない」とジャッジされると…

ずぶ濡れになるフレッドのアクアトルネードが炸裂!


場所によっては濡れないところがあったり、逆に“ずぶ濡れ”になるところがあったり。現地では、「濡れるのが気持ちいい!」「夏ー!って感じで楽しいっ!」「笑っちゃうほど濡れる!」と、満面の笑みを浮かべている来場者も多かった。

ミスト発生装置


ちなみに、カメラなどの電子機器を守りたい場合は、防水できる袋やタオル、丸ごと身を包むレインコートを持参した方がよさそうだ。さらに、記者の場合は、足元が濡れてもいいようにビーチサンダルも持参。水を浴びるとはいえ、気温や湿度が高い日も多いので、熱中症対策グッズも持って行った方がいいだろう。

なお、トゥーンタウンでも、びしょ濡れスポットが出現中。このシーズンならではの期間限定散水スポットを、思う存分楽しもう!

びしょ濡れスポットの出現を知らせるトゥーンタウンの入り口

トゥーンタウンの地面にはそこかしこに注意書きが…

【写真】トゥーンタウンでも、びしょ濡れスポットが出現!こちらは、数分ごとにクールミストや滝のような水が噴き出してくるジョリートロリーの車庫

これまで以上に水が飛び出してくるトゥーンタウン消防署や花火工場。周辺にあるレバーを押すと放水される


取材・文=平井あゆみ

※安全のため、小さな子供も含め、裸足や水着、服を脱いでの利用はNG。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

(C)Disney

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る