ういろうの発祥はどこ?ほかにも各地に存在するのに、なぜ名古屋名物として知られているのか大調査!

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

名古屋土産の定番として親しまれている“ういろう”。米粉や砂糖、でんぷんを主原料としており、もっちりとした食感が特徴的な和菓子だ。しかし、実は“ういろう”を作る菓子店は神奈川県や京都府、三重県、山口県など日本各地に存在している。「じゃあなんで名古屋名物なの?」と驚いた人もきっといることだろう。

そこで、“ういろう”の歴史を紐解くべく、「名古屋ういろの元祖」である「餅文総本店」と、創業から約140年の歴史を持つ「青柳総本家」(ともに愛知県名古屋市)に取材。“ういろう”の発祥はどこなのか、なぜ名古屋名物になったのか、詳しく教えてもらった。

“ういろう”が日本で初めて作られた場所は?

“ういろう”が日本に伝わったのは約600年前。応安年間(1368〜1375年)に、元(現在の中国)の医師・陳延祐(ちん・えんゆう、またの名を宗敬)という人物が、日本に亡命したことがきっかけだ。延祐は、元で「礼部員外郎(れいぶいんがいろう)」という薬の調達をする役職についていたことから、日本では陳外郎(ちん・ういろう)と名乗るようになる。亡命後は博多(現在の福岡県)に住み、咳や痰に効く薬を伝えたそうだ。

1395年、延祐の子である陳外郎大年宗奇(ちんういろう・たいねんそうき)が京都に招かれ、家伝の薬を作り、足利義満に献上。その際、大年宗奇は米粉と黒糖で作った菓子の製法も伝えた。この「ういろう餅」と呼ばれた菓子こそが、“ういろう”の元祖だ。当時、黒糖は貴族の栄養剤として使われており、“ういろう”は薬屋さんだからこそ作れたお菓子だったと言える。また、薬とともに「ういろう餅」を伝えた理由は、「薬の口直しのため」や「使節の接待のため」などと言われている。

現在では、米粉本来の味が楽しめる「しろ」が定番の味だが、初めて“ういろう”が伝わった際は黒糖が使われていたようだ。写真は「餅文総本店」の「献上ういろ」が作られている様子photo by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

このように、“ういろう”が世に知られるきっかけとなった場所は京都だが、日本で初めて作られた場所は定かではない。そのため、発祥の地に関しては諸説あり、大年宗奇が将軍に献上した京都説、延祐が最初に過ごした博多説の2つが有力な説として語られることが多いそうだ。

“ういろう”はなぜ名古屋名物に?

博多や京都が発祥と言われている“ういろう”だが、現在は名古屋名物としてのイメージが強い。しかし、名古屋に“ういろう”が伝わったのは1650年頃で、「餅文総本店」の初代・餅屋文蔵が明出身の陳元贇(ちん・げんぴん)から、“ういろう”の製法を教わったのが始まりだ(なお餅文総本店では、“ういろう”のことを“ういろ”と呼ぶ)。ではなぜ、“ういろう”は名古屋名物として知られるようになったのだろうか。

きっかけとなったのは、名古屋で“ういろう”を作る和菓子店「青柳総本家」の活躍だ。「青柳総本家」は、1879年に創業し、蒸し羊羹や“ういろう”を製造していた。1931年、「青柳総本家」の3代目・後藤為彦が“ういろう”の販売数を拡大するため、国鉄名古屋駅構内で立ち売りを開始。このときの立ち売りは大盛況だったそうだ。

国鉄名古屋駅で行った立ち売りは、大盛況だったそう

その後、1964年に東海道新幹線が東京〜新大阪間で開通すると、「青柳総本家」のみが“ういろう”の車内販売に乗り出す。これが“ういろう”の名古屋名物化に大きく貢献したという。加えて、1968年には“ういろう”のフィルム密封製法を開発。より日持ちするようになったことで、土産としての需要はさらに増していった。

車内販売用の「青柳ういろう」を、新幹線に積み込む様子

“ういろう”の車内販売はずいぶん前になくなってしまったが、名古屋駅のキヨスクなどでは土産にぴったりな“ういろう”が多数販売されている。今も昔も、“ういろう”は名古屋土産の定番として愛され続けているのだ。

「餅文総本店」と「青柳総本家」の“ういろう”商品

名古屋で初めて“ういろう”を作った「餅文総本店」は、本店のほか名古屋市内に直営店を3店舗構えており、ジェイアール名古屋タカシマヤなどでも商品を購入することができる。

看板商品である「献上ういろ」は、「白」「黒」「抹茶」(1棹 各1080円)、「栗」(1棹 1620円)と全部で4種類の味がある。手頃なハーフサイズもあるので、家族の人数によって大きさを選べる。

昔ながらの製法で作られる「献上ういろ」は「白」(1棹 1080円、左端)のほか、「黒(黒糖)」「抹茶」(ハーフサイズ 各594円)、「栗」(ハーフサイズ 864円)の4種類の味があるphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

土産にぴったりな「ひとくち生ういろ」は、最近では1番人気の商品。「白」「こしあん」「抹茶」「桜」「きなこ」の5種類の味があり、5個入(540円)、10個入(1080円)、バラ売り(直営店限定、1個108円)がある。個包装になっているので、土産として配る際も便利だ。

「ひと口生ういろ」は、一番人気の商品。5種類の味が1つずつ入った5個入りは、パッケージもかわいらしいphoto by Kanji Furukawa / (C)KADOKAWA

“ういろう”の名古屋名物化のきっかけを作った「青柳総本家」は、大須本店のほか名古屋市内に3店舗、東京都に1店舗の直営店を構える。また、ジェイアール名古屋タカシマヤ、名鉄百貨店 本店などでも商品を購入することができる。

新幹線で車内販売された「青柳ういろう」は、現在も同社の看板商品の1つ。定番の味は、「しろ」「くろ」「抹茶」「上がり」「珈琲」「ゆず」「さくら」(1箱2本入 各432円)の7種類。そのほか、「小豆」(1箱2本入 648円)、「栗」(1箱2本入 918円)といった味もある。

「青柳総本家」の看板商品「青柳ういろう」(1箱2本入 各432円)は、7種類の定番の味がある

「青柳ういろう ひとくち」(5個袋入り 497円)は、「青柳ういろう」の人気の味「しろ」「くろ」「抹茶」「上がり」「さくら」をセットにした人気商品。かわいらしいカエルの絵が描かれたパッケージに入ったものもある。

「青柳ういろう ひとくち」(5個袋入り 497円)は個包装になっているので、土産にぴったり

いまや名古屋土産として多くの人に親しまれている“ういろう”。その背景には、新幹線の車内販売という意外なきっかけがあった。名古屋に訪れた際には、昔ながらの味が楽しめる「餅文総本店」の“ういろ”や、新幹線で車内販売されていた「青柳総本家」の“ういろう”をぜひ買ってみてはいかがだろうか。

取材・文=溝上夕貴/撮影=古川寛二

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る