抹茶とチョコレートが融合!「生茶の菓」は、まるでお濃茶を飲んでいるような味わい!

2017年8月12日 17:00更新

関西ウォーカー None

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都・北山の人気パティスリー「マールブランシュ」。同店で人気のお濃茶ラングドシャ「茶の菓」の姉妹商品として生まれたのが「生茶の菓」(5個入り1,134円、9個入り2,042円)だ。

冷やして食べるとさらにおいしい!

2011年から発売を開始した京都限定の商品。ホワイトチョコレートとお濃茶をあわせてじっくり焼き上げた、冷やして食べられるフォンダンショコラだ。ねっとりとしたやわらかな食感で、まるでお濃茶を飲んでいるかのよう。抹茶の中でも最高級といわれる京都・宇治のお濃茶を採用し、抹茶本来の甘味を味わうことができる。

京都タワーサンド店限定! 生茶の菓アイスバーは必食

全ての画像を見る(2件)

京都タワーサンド店に行ったら、同店限定の「生茶の菓アイスバー」250円も試してみよう。エスプーマで抽出するお濃茶ソースに、ひんやり濃厚な生茶の菓アイスをディップして食べる。持ち歩きはできないが、お濃茶の甘味とすっきりとした後口が印象的で絶品だ。

【関西ウォーカー】

この記事の画像一覧(全2枚)

大きなサイズで見る

キーワード