吉田カバン創業75周年!PORTER人気シリーズの名作が初復刻

2010年1月5日 17:39更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

機能性とデザイン性の高さで人気の吉田カバンが今年創業75周年を迎える。それを記念して、吉田カバンの代表的なブランド「PORTER」で人気の「TANKER(タンカー)シリーズ」発売初期の名作が初復刻される。1月6日(水)より、新宿高島屋にて個数限定で販売される「タンカーボストンバッグ」(4万7250円・2色)、「タンカーポケッタブルトート」(1万1550円・2色)だ。

1983年に発表された“タンカー”は、アメリカ空軍のフライトジャケット“MA-1”をモチーフにしたオリジナル生地を使用し、90年代後半に熱狂的な人気を呼んだシリーズ。ミリタリーテイストを取り入れたデザインや、軽量でカジュアルな実用性が年齢を問わず好評を博し、今では一番ラインナップの多いシリーズに成長した。

今回はシリーズ発表当初に登場した型を初復刻。例えば「SX9316」というボストンバッグは、肩にかけられるハンドルの長さや充実した内装の機能性、シルエットが変えられるデザインなどの凝った仕様が名作と呼ぶにふさわしく、現行のアイテムとは異なる魅力を持っている。また、当時と現代ではカバンの中身が様変わりしていることから、現代の持ち物を想定してカバンの内装をアップデートした点にも注目だ。

「創業75周年を記念して、過去の名作が初の復刻です。“タンカー”にスポットを当てたイベントや新作の先行販売も予定しております。ぜひこの機会に多くのお客さまのご来店をお待ちしております」と話すのは吉田カバン広報部の阿部貴弘さん。

1月6日(水)から1月19日(火)まで、新宿高島屋2階で「[吉田カバン]TANKER アーカイブ展」が開催される。“過去”“現在”“未来”という切り口でタンカーシリーズが一堂に展示されるので、PORTERファンの人はこちらもぜひチェックしてみては?【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る