【東京】つけ麺で残暑を乗り切れ! 都内必食の3杯をピックアップ

2017年8月27日 17:00更新

東京ウォーカー ラーメンWalker編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

残暑を乗り切るには冷たい麺! 濃厚なつけ汁に太麺に絡ませズズッと食べる「つけ麺」は、ボリュームとのど越しのよさでこの時期にピッタリだ。そこでラーメン専門誌「ラーメンWalker」編集部が、今東京で“クール”なつけ麺3杯をピックアップ!独自の工夫を凝らした、他では味わうことができない一品にチャレンジしてみては?

独自の味を生むタレには南イタリア産ソースを使用「ラーメン Azzurri」

「ラーメン Azzurri」自慢の「つけ麺」(850円)

「ラーメン Azzurri」自慢の「つけ麺」(850円)

すべての画像を見る(3件)

東長崎駅南口近くにある「ラーメン Azzurri」。自慢の「つけ麺」(850円)は、トロトロの濃厚豚骨魚介系。つけ汁を作る際に、1時間半かけて余分な脂を取り除くため、まろやかで肉と魚介の調和が絶妙だ。

また、つけ汁の味の輪郭を描くタレには、醤油ではなく南イタリア直輸入の魚エキス入りのソースを使用。マイルドなスープを包む独特の深いコクを生み出している。モチモチ感を出すためにタピオカを混ぜた特注麺は、パスタに似た食感で個性的。9月中旬ごろ中野へ移転予定。

すっきり淡麗魚介系を2種盛り麺で堪能「つけそば 神田 勝本」

2種類の麺が楽しめる「つけそば 神田 勝本」の「清湯つけそば」(830円)

2種類の麺が楽しめる「つけそば 神田 勝本」の「清湯つけそば」(830円)

神保町にある「つけそば 神田 勝本」は、清湯(しょうゆ)と読ませる、キリッと醤油感の効いたつけそばの店。早朝から仕込むスープは、すっきりとした味わいを求めて丹誠を込めている。

「清湯つけそば」(830円)は、醤油のつけ汁に合わせた浅草開化楼の麺は2種盛りで、歯応えのある細麺と喉越しのよい平打ち麺。麺の旨さを存分に味わえる。すっきりとした醤油ベースのつけ汁は旨味が凝縮されてコクが深い。最後に割りスープで二度楽しめる。

自家製太麺×豚骨魚介は不動の旨さ「つけ麺屋 ごんろく両国」

「つけ麺屋 ごんろく両国」の「つけ麺(中盛り)」(780円)

「つけ麺屋 ごんろく両国」の「つけ麺(中盛り)」(780円)

両国の「つけ麺屋 ごんろく両国」は、甘・辛・酸の3要素をもったつけ汁に太麺をくぐらす、王道のつけ麺が人気。スープはゲンコツ、鶏ガラ、野菜に数種類の魚介を合わせて約9時間じっくり煮込む。つけ汁はサラリとしているが、研究の末に開発されたプリッとした食感の自家製太麺に適度に絡む。

「つけ麺(中盛り)」(780円)は、麺は水切りしすぎないことで、ツルンとした喉越しに。麺は小盛り180グラムから大盛り440グラムまで同額で選べる。刻みタマネギ、削り節といった無料トッピングも豊富なのも嬉しい。

まだまだ暑さが続くこれからの時期、お気に入りの「つけ麺」を見つけて乗り切ってみては【ラーメンウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る