嬉野にクラシックカー100台が集結!

2008年10月30日 22:14更新

九州ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

佐賀県・嬉野市の塩田津地区で11/16(日)に、クラシックカーを集めたイベント「第2回塩田津に旧Car」が開催される。会場となる塩田津地区は、かつて旧長崎街道の塩田宿が置かれた交通の要衝。いまでも江戸後期〜明治時代の街並みが残っており、2005年には国の重要伝統的建造物郡保存地区に指定された。古い町並みにレトロな車を集め、昭和の時代にタイムスリップしたようなイベントを開催して町おこしをしようと、嬉野市商工会青年部が昨年初めて企画したところ、九州各地から約120台のクラシックカーが集まった。

ことしのイベントにも昭和53年以前に生産された3、4輪車約100台が集まるほか、自衛隊や消防の特殊車輌、ミニSLの展示、地域特産物の販売、伝統産業・鍋野手漉和紙(なべのてすきわし)の創作展なども企画されており、子供から大人まで楽しめるイベントになっている。

嬉野の美人湯を満喫したあとに、レトロなイベントに立ち寄ってみてはいかがです?

【九州ウォーカー/近藤耕平】

この記事の画像一覧(全1枚)

大きなサイズで見る

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

関連記事

ページ上部へ戻る