パリ万博で金賞受賞!あの復刻ビールが味わえる「半田赤レンガ建物」

2018年5月30日 7:00更新

東海ウォーカー 東海ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

1900(明治33)年にパリ万国博覧会で金賞を受賞したカブトビールの製造工場を生かした施設「半田赤レンガ建物」(愛知県半田市)。明治時代に建てられた風情ある歴史的建物と、そこで味わう絶品カブトビールは足を運ぶ価値ありだ。

明治建築界の巨匠が手掛けた「半田赤レンガ建物」

「半田赤レンガ建物」は、横浜・赤レンガ倉庫も手掛けた明治建築界の三巨匠の一人・妻木頼黄(つまきよりなか)が設計した貴重な建物。1898年に建てられ、有形文化財にも登録された同施設は、明治時代に建てられたレンガ建造物としては日本で5本の指に入るほどの規模を誇っている。

横浜の赤レンガ倉庫も手掛けた明治建築界の巨匠、妻木頼黄による建物

全ての画像を見る(5件)

万博で金賞受賞!復刻カブトビールが味わえる

戦前の5大ビールメーカーであった「カブトビール」。パリ万博でも金賞を受賞した幻のビールが味わえるのがここ、「半田赤レンガ建物」だ。

【写真を見る】2005年に発売された1889年5月、初出荷時の「カブトビール復刻版」(写真左)と、2016年に発売した「復刻大正カブトビール」(同右)。料金は各600円

施設内には、カブトビール誕生の歴史を学べる常設展示室のほか、復刻した生カブトビールと地元の食材を使ったおつまみを楽しめるカフェが常設。カブトビールについて学んだあとに飲めば、おいしさも2倍に!?

カブトビールの歴史を紹介する常設展示室

生カブトビールなどが楽しめる「カフェ ブリック」

カブトビールがついたジャーマンプレート(1400円)

そのほかにも、毎月第4日曜日に開催されている「赤レンガマルシェ」や半田市の特産品を扱うショップなどにも注目。半田に訪れた際には足を運んでもらいたいマストスポットだ。

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る