沼田城址を中心に巡る!真田氏ゆかりの歴史散策コース

2017年9月14日 22:11更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

利根沼田エリアは真田氏にまつわる史跡が多く残されている。1532(天文元)年に築城され、現在は公園になっている沼田城址や、国指定重要文化財の「旧生方(うぶかた)家住宅」など貴重な史跡を巡ってみよう。

全ての画像を見る(4件)

復元された沼田城址のシンボル・鐘楼。近くにある庭園との共演が見事だ。

築城当時のままの石垣。その上には樹齢400年といわれる「御殿桜」が咲く。

国指定重要文化財「旧生方家住宅」。17世紀ごろに建てられた商家だ。

正覚寺にある、真田信幸(信之)の正室・小松姫の墓。歴史を感じながら、貴重な史跡をのんびり歩いてみては。【ハイウェイウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事