秘伝の甘ダレが決め手! 札幌「しまだや」でランチジンギスカン

2017年11月27日 22:00更新

北海道ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
全ての画像を見る(5件)

札幌・すすきのに本店のある人気店が、ついに札幌中心部に進出です。「羊食市場しまだや狸小路店」のランチメニューは、ボリューム満点で食べ応え十分。好みの肉をチョイスできることも魅力で、長年、ファンに愛され続ける秘伝のタレも見逃せません。

ジンギスカンのつけダレは、通常、醤油ベースや塩味などが多いのですが、「しまだや」の自慢は甘い口当たりのネギ味噌ダレ。創業以来という秘伝のタレの繊細な甘味が、ジンギスカンはもちろん、あらゆる肉の旨味を見事に引き出します。一度体験するとクセになる、「しまだや」ならではの個性的な味わいが、人々を引きつけているんですね。

ランチメニューのうち、手頃な価格でボリューム満点なのが「とくもりランチ」(980円)。5種類の肉から好みの2種類を選び、炭火で炙っていただきます。ライスとスープはおかわり自由。キムチやナムルなど付け合わせの品数も多く、まさにランチ限定のお得なメニューです。

また、同店のメインはジンギスカンですが、ラム肉の可能性をとことん追求し、しまだや独自のラムしゃぶやラムのすき焼きを開発しています。ラムしゃぶは、肉を薄くスライスするのではなく、あえて厚めにスライスし、ラム肉の旨味を堪能できるほか、ラムすき焼きは牛肉にも負けないうまさを堪能できます(ランチで食べたい場合は予約がオススメ)。

店内は、どこか懐かしさを感じる、昔ながらの焼肉店らしいたたずまい。ブロックなどをあしらった造りは、いかにも北海道のジンギスカン店という雰囲気です。

「実はこの狸小路店、すすきの店に入り切れないお客様のため、1年前にオープンしたんです」と、主任の北村優仁さん。すすきの店がオープンしたのは12年前ですが、頻繁に満席になる人気店なんです。

ランチメニューを体験すると、夜のメニューも試したくなるもの。同店ではラムだけでも10種類以上のメニューを用意しているほか、ジンギスカン以外の肉も選べます。個性的なタレが特徴ですが、どうしても口に合わない場合はサッパリ風味の塩ダレもあるとのこと。札幌の老舗の味を、まずはランチで試してみてはいかがでしょうか。

■住所:札幌市中央区南3西1-12-5 南ビル1F ■電話:011・211・5875 ■時間:11:00〜23:00(LO22:30)※ランチ~16:00 ■休み:月曜 ■席数:30席(喫煙可)

【北海道ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事