河内長野の日本酒や河内ワインなど大阪の銘酒を使ったボンボン菓子「大阪ボンボン」が発売

2017年11月6日 20:06更新

関西ウォーカー 小笠智子

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
「大阪ボンボン」が11/1に発売された

「大阪ボンボン」が11/1に発売された

すべての画像を見る(3件)

ウイスキーや日本酒、梅酒を使ったボンボン菓子「大阪ボンボン」が、11月1日から発売されている。

大阪・難波にある名物土産物店「なにわ名物いちびり庵」を経営する株式会社せのやと、国内シェア率70%を占めるウィスキーボンボン専業メーカー・「丸赤製菓糸田川商店」とのコラボで生まれた商品だ。

ウイスキー、日本酒、梅酒の全3種類が販売されている

ウイスキー、日本酒、梅酒の全3種類が販売されている

「日本酒ボンボン」には大阪・河内長野にある酒蔵「西條合資会社」の日本酒「天野酒」を、「梅酒ボンボン」には、大阪・羽曳野のワイナリー「河内ワイン」の梅酒「エビス福梅」など、銘酒を使用。また女性客を意識して、可愛いパッケージにもこだわった。

販売店舗は、「なにわ名物いちびり庵」本店、道頓堀店、ユニバーサル・シティウォーク大阪店、おみやげ処いちびり庵のほかに、通販サイト「なにわ名物いちびり庵楽天店」でも購入可能。

価格は9個入りで各702円(税込)。

【関西ウォーカー/小笠智子】

この記事の画像一覧(全3枚)

大きなサイズで見る

キーワード

ページ上部へ戻る