【福岡】九州人の舌に合うように改良された「尾道ラーメン 康明」

2018年3月14日 11:00更新

九州ウォーカー 九州ウォーカー編集部

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

豚骨ラーメンの発祥地、久留米で市内外問わず多くの人を虜にしてきた「尾道ラーメン 康明(こうめい)」(久留米市野中町)。

一人でも気軽に利用できるようカウンター席をメインにそろえる

尾道では辛口醤油を使うのが一般的だが、同店では九州産の甘口醤油を採用。魚介や丸鶏、豚骨、野菜と多彩な食材からスープを取ることで、奥深い味わいに。最後の一滴まで堪能できるよう、スープは無化調、無添加、無着色にこだわる。

【写真を見る】平打ちの自家製麺。ツルツルとした喉越しでスープにもよく絡む

ツルリとのど越しのいい平麺は、店内の製麺機で製造され、香り高い醤油スープによく合う。国産の豚バラ肉に塩麹を揉み込み、じっくり煮込んだチャーシューがのる。

トロリと柔らかいチャーシュー

この一杯を求めて、県外からわざわざ訪れる人も多い。醤油以外に塩、味噌など多彩な味が楽しめ、何度来ても飽きない。

中華そば(醤油らーめん)620円

全ての画像を見る(5件)

【おすすめの一杯!】中華そば(醤油らーめん)620円。尾道ラーメンの象徴ともいえる背脂が浮かぶ醤油スープは、口当たりがさっぱり。4~5時間かけてじっくりと煮込む、柔らかいチャーシューもまた美味。

【ラーメンデータ】<麺>中 / 平打 / ストレート(120g) <スープ> タレ:醤油 / 仕上油:鶏油 / 種類:豚骨・丸鶏

久留米市美術館の近く、国道322号沿いに建つ。県外からわざわざ訪れる人も多い

[ 尾道ラーメン 康明 ] 福岡県久留米市野中町921-8 / 0942-39-2728 / 11:00~15:00、 18:00~22:00 / 火曜休み / 37席(カウンター19、テーブル18)

この記事の画像一覧(全5枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る