肉の聖地「肉山」が福岡・大名に登場。サクッと肉山登頂へ!

2017年11月18日 12:00更新

九州ウォーカー 秋武宏美

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

全国の肉好きがこぞって訪れる、赤身肉専門店の「肉山」(本店は東京都吉祥寺)。2016年に福岡1号店「肉山 福岡」(福岡市早良区)が開店し、連日にぎわいをみせている。そんな中、今年5月に福岡・大名に、全国に先駆けカジュアル展開する「Sakeと肉山」がオープンした。

肉の名店「肉山」をカジュアルに

「肉山」は全国に十数店舗展開し、東京・吉祥寺の本店といえば、週末の予約が半年先まで埋まるなどなかなか予約の取れない人気店だ。「肉山」にひっかけて店に行くことを「登山する」というブームまで生まれ、SNSを中心に広まった。そんな肉の名峰が福岡1号店のオープンに続き、よりカジュアルに楽しんでほしいと、新しいコンセプトの店を大名に誕生させた。

メニューは「お任せコース」(10品5400円・要予約)の他に、これまでなかった「さくっと肉山コース」(6品3240円)が新しく加わった。さらにコースのスタート時間の縛りがなく、完全予約制の肉山で唯一、予約なしでフラリと入れる点もうれしいポイントだ。

天神店限定コースでサクッと肉山登山!

全ての画像を見る(10件)

「お任せコース」を約半分にしたハーフコース「さくっと肉山コース」(6品3240円)が、同店限定で登場した。気軽にコース(登山)をチャレンジしたい人や、遅い時間でもお肉が食べたいという人におすすめだ。コースの内容は、豚肉と鶏レバーのパテ、牛肉2種、牛肉ソーセージ、キュウリ、シメご飯(卵かけご飯またはカレー)の全6品。

熊本県産あか牛のモモ肉を中心にじっくり炭火で焼いて提供する。柔らかい内モモは肉の旨味がたっぷり! 調味料はチリマスタード、ユズ胡椒、ヤンニョムジャンが用意されていて、軽く塩がふってあるのでそのまま食べるか、ユズ胡椒を付けて召し上がれ。

岩手県産短角牛を使用したソーセージは牛肉100%。肉がぎっしりつまって食べ応えがあり、噛みしめるほどに旨味が広がる。肉汁たっぷりなので、焼いて10分ほど待ってから食べることをすすめている。

「お任せコース」(10品5400円・要予約)は、この他に80分かけてじっくりと焼き上げる糸島豚ロースや、エリンギやアスパラの焼き野菜も付いて、牛肉も3種になる。

人気の地酒からレアな銘柄まで日本酒が飲み放題!

さらにビールやワインなどの飲み放題(3240円、5400円)の他に、日本酒の飲み放題(3240円)があるのも天神店ならでは。常時約60種の銘柄をストックし、冷蔵庫の前面にその時出ている18種から選べる。福岡の地酒「田中六五」や、幻の酒といわれる「十四代」などレアなものまで、飲み放題でたっぷり堪能できるのだ。

また、ワインも自社オリジナルで赤・白・泡とあり、グラスは各800円、ボトルは各3800円で楽しめる。

食後は隣接する系列店「il sole(イルソラーレ)」のジェラートはいかが? 常時18種の自家製ジェラート(ミニ300円~)がそろい、肉山で注文して店内で食べることもできる。コクがあるのにさっぱりしたジェラートはデザートにぴったりだ。

ランチタイムはコースのシメで出される「肉山カレー」(800円)をはじめ、「肉山ハンバーグ定食」(800円)や「幻のサガリ丼」(1000円)などが味わえる。同店なら、肉山登山ビギナーも気軽に登頂を目指せるのでは!?

[Sakeと肉山]福岡県福岡市中央区大名1-12-58 パサージュビル3F / 092-202-2929 / 11:30~15:00、18:00~23:30(LO)、金・土曜・祝前日11:30~15:00、17:00~24:30(LO)、日曜・祝日11:30~15:00、17:00~21:30(LO) /火曜休み

【九州ウォーカー編集部/文=秋武宏美、撮影=関 征士(一部を除く)】

この記事の画像一覧(全10枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事